タイトル未定【曲募集】

投稿日:2016/10/04 14:10:40 | 文字数:947文字 | 閲覧数:147 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

元は応募用に作ったものでしたが、
曲をつけて頂ける場合は宜しくお願い致します


冬が来ればまた春が来て…

床に臥せている彼女。
そこから見える景色や声、
季節の移り変わりなどを書いてみました


タイトル、歌詞変更等、して下さって大丈夫です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【A】
霞む夢の中で
沈め ゆらり 息と共に
月も沈む宵は
揺れるこの朧月

【B】
響いた雨音は
静かに舞い踊る
淡い期待 儚く散って
褪せる景色 鶯も

【S】
咲き誇る夢は雪月花
冬の足音 連れ去って
空を舞う影は雪月花
化する童の声と 飛び立つ羽音

【A】
霞む虚空の中
沈め ゆらり 息を重ね
意気の音も今や
忘れ枯れ落ちていく

【B】
描いた愉楽の音
静かに消え踊る
淡い期待 夢の狭間で
後ろ姿 手を伸ばす

【S】
咲き誇る夢は雪月花
僕の足跡 連れ去って
空を舞う影は雪月花
頬を伝う欠片と 乾いた羽音

【C】
巡る季節 姿を変えて
僕の瞳包み込む
封(と)じ込めてた 悔しさを
遠き夢に ぶつけて

【S】
薄れゆく刻の感覚は
不安と期待が混ざり合う
明日(あす)も昇る空の彼方で
知った空を見上げた 今日も

【S】
咲き誇る夢は雪月花
冬の足音 連れ去って
空を舞う影は雪月花
響く童の声 隣で微笑(わら)う



【A】
かすむゆめのなかで
しずめ ゆらり いきとともに
つきもしずむよいは
ゆれるこのおぼろづき

【B】
ひびいたあまおとは
しずかにまいおどる
あわいきたい はかなくちって
あせるけしき うぐいすも

【S】
さきほこるゆめはせつげっか
ふゆのあしおと つれさって
そらをまうかげはせつげっか
かするわらべのこえと とびたつはおと

【A】
かすむきょくうのなか
しずめ ゆらり いきをかさね
いきのおともいまや
わすれかれおちていく

【B】
えがいたゆらくのね
しずかにきえおどる
あわいきたい ゆめのはざまで
うしろすがた てをのばす

【S】
さきほこるゆめはせつげっか
ぼくのあしあと つれさって
そらをまうかげはせつげっか
ほほをつたうかけらと かわいたはおと

【C】
めぐるきせつ すがたをかえて
ぼくのひとみつつみこむ
とじこめてた くやしさを
とおきゆめに ぶつけて

【S】
うすれゆくときのかんかくは
ふあんときたいがまざりあう
あすものぼるそらのかなたで
しったそらをみあげた きょうも

【S】
さきほこるゆめはせつげっか
ふゆのあしおと つれさって
そらをまうかげはせつげっか
ひびくわらべのこえ となりでわらう

初めまして、白兎と申します。
作詞をメインに活動しています


※作曲家さん、絵師さん探してます。

アイコンは頂きものです

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    歌詞のご応募ありがとうございます!床に臥せている彼女さんという設定だけで胸が締め付けられますね(*ノ-;*)雪月花も仮タイトルなのにご使用いただき、感謝です!選考させていただきます。まて、後日ミクさんに1番だけ歌ってもらったものをアップしますので、良ければご視聴いただければと思います。よろしくお願いします。

    2016/10/04 16:14:00 From  優依

  • userIcon

    メッセージのお返し

    曲入れ、お疲れ様でした。
    締め切りぎりぎりで、お手数おかけ致しました…
    Bの部分はやはり、5,5の方が聴いてて綺麗だなと思いましたので
    もし、採用された際には修正が入るかと思います。

    採用不採用関係なく、曲の完成を楽しみにしています

    2016/10/05 00:06:22 白兎

▲TOP