ノベルゲーム5

投稿者: usericonエリーさん

投稿日:2019/08/14 01:47:06 | 文字数:1,710文字 | 閲覧数:8 | カテゴリ:小説

ライセンス:

エンディング

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

2人で夜道を歩いていた。
夜、急にアイスが食べたくなった。
黙って買いに行くのもどうかと思い、一応コンビニまで出かける事を麻理恵に伝えると怒られてしまった。
「こんな夜中に1人で外に行って何かあったらどうするの!?」
英樹を心配し、付き添う事になった麻理恵だった。
申し訳なさそうにする英樹が可愛く見えた。
「・・・まだ怒ってる?」
「いいえ、さっきは感情的になりすぎたわ」
(いつタナトスが現れるかわからないのにこんな夜中にコンビニに行くなんて危険すぎるわ)
イマイチ狙われているという自覚のない英樹に呆れつつ2人はコンビニへ向かい歩き出した。
コンビニまで家から15分はかかる。
結構不便な場所に住んでいた。
人通りも少なく車も滅多に通らない。
暫く歩いていると瘴気を感じた麻理恵がマリエルに変化した。
「マリエル!?どうしたんだいきなり!」
「あいつが来るわ!タナトスよ!!」
マリエルとなった麻理恵の前にタナトスが現れた。
「うわぁぁ!!」
「大丈夫よ私が護るから、だって私は貴方の守護天使なんだから!」
そう言いタナトスに攻撃を仕掛けた。
以前のように天界の光をタナトスへ向け放った。
しかし、タナトスにはあまり効いていなかった。
「え・・・どうして・・・?」
「前は油断した。今回は魔具を持ってきた。天界の光から守ってくれる・・・」
そういいタナトスは魔具を見せた。
「くっ・・・」
「マリエル!俺の魂の中に”原石の力”があるんだろう?」
「ええ!あるわ」
「それ使えないか?」
マリエルは驚いた。
「・・・」
「どうなんだ!?今使わないでいつ使うんだ!?」
でもそれはとても危険な事だった。
マリエルはそれを知っていた。
「それは・・・できるけどとても危険な事なの」
「タナトスがこれ以上力を付ける前に倒しておかないと・・・!」
「英樹・・・わかったわ。一緒に戦って」
マリエルは英樹の手を握り”原石の力”を発動させた。
そして持っている限りの天界の力を使った。
「ぐあぁぁぁぁぁ!!」
タナトスは天界の光と”原石の力”により呆気なく消滅した。
「はぁ、はぁ・・・倒した・・・の・・・か」
「今はしゃべらないで!!危険な状態だから」
いつの間にかマリエルは麻理恵の姿に戻っていた。
2人は公園に行き、休むことにした。
幸い、すぐ側に公園があった。
麻理恵に手伝ってもらい何とか公園まで辿り着いた。
ベンチに転がされ、濡れたハンカチで額を冷やされた。
麻理恵が膝枕をしてくれている。
「もうしゃべってもいいか」
「・・・少しなら」
「マリエルの力で家へ帰った方が良かったんじゃないのか?」
麻理恵の顔色は悪い。
それに何か違和感を感じた。
「もう天界の力を使い切ってしまったの・・・」
「え?どういうことだ」
「・・・」
沈黙が落ちる。
麻理恵は言いづらそうに口を開いた。
「もう力が残っていないの。マリエルの姿にもなれないし、天界にも帰れないの」
「それって・・・普通の人間と変わらないという事か!?」
「ええ」
「悪い・・・俺に”原石の力”があったばかりに」
「いいえ、これで良かったの」
麻理恵はすっきりした表情を浮かべ英樹にキスをした。
触れるだけのキスだった。
一瞬何が起きたのかわからず英樹は焦った。
「私、ずっと人間になりたいと思っていたの。そうすれば英樹に告白できるから・・・」
「!?」
「天使と人間の恋愛は禁忌なのよ。それなのに気が付いたら私は英樹の事を好きになっていて」
「俺も、麻理恵の事が好きだ」
すかさず英樹も告白した。
「本当!?」
「ああ、マリエルと知る前からずっと好きだった」
英樹は本当の事を全て話すとすっきりした気分になった。
あともう起き上がれるくらいには回復していた。
麻理恵を抱きしめ、英樹は言った。
「もう天使じゃないなら天界に帰らなくてもいいよな?」
「ええ。もう帰れないの」
「それなら俺の恋人になってくれないか?これからも麻理恵と一緒にいたい」
麻理恵も控えめに英樹の背に手を伸ばした。
「私も英樹の恋人になりたい!」
そう言い2人は夜の公園で抱き合った。

こんにちは。朔月という作詞が取り柄のもののやつです。今回は作詞したものを動画にしたいなと思って立ち上げました!



クオリティ?そんなものはいらぬ、私もクオリティなんぞ皆無じゃ。

の精神なのでどなたでも気軽に。私は打ち込みが出来ないので出来れば打ち込みまでやってくれるという方が居れば嬉しいな((


今やっている企画
・ココロの在り処 op
・白い姫
・ココロ 動画
・淡恋
・山神の住まう森
・君だけがいい

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP