Winter Pocket

投稿日:2012/01/31 23:09:12 | 文字数:385文字 | 閲覧数:33 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

幼なじみの男の子と久しぶりの帰り道。

前は難なく握れた手も、少し成長した君を見ると緊張しちゃって…もじもじ(´-ω-`)

-------------------------------------------------
社会人コラボ2作品目!

作曲:じぽたん
動画:righthead(苦笑P)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16837269

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


A
ふたり並んで歩くのは 久しぶりね
もしかして君も同じ様に 緊張してる?

少しかじかんだ手が 宙を舞って
懐かしい君の温もりを 探していた

B
幼いままでいれば
きっと 迷わなかったのに
なんだか今はちょっとだけ 恥ずかしいな

S
白く 揺らぐ息が
空へと昇り 消えてゆく
もうすぐ 冬の囁きが
聞こえそうな気がした

A
途中で買ったミルクティで 温めていた
指先も直ぐに冷えていって 甘くもない

B
前より伸びた背丈を 早足で追い掛けて
相変わらずの仏頂面に 思わず笑う

S
強い 北風が吹き
君との間を すり抜ける
凛と 澄んでくこの景色に
舞い降りたひと欠片

S
淡く 儚い小雪が
差し出すふたりの 手の中へ
溶けて なくなる瞬間に
君の 手が重なった

S'
白く 夜空は彩り
少しづつ街を 染めてゆき
伝う 右手の温もり
君の ポケットの中

花陽と申します。
(†由良†から改名しました。)

ニコ動マイリス↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/25064407

主にコラボと歌詞応募で活動中。
どんなジャンルの歌詞でも大体は対応できます。

作詞を始めて気付いた特徴。
和風とちょっと後ろ向き気味な歌詞を考えるのが好きらしい(¬з¬)♪

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP