lost wing

投稿日:2014/09/14 23:30:27 | 文字数:478文字 | 閲覧数:116 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

流浪の歌詞

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

寝苦しい夜に起き上がり
薄い硝子越しの窓
映る光
生の灯火が揺れて

昔も今も未来でも
人は永遠を求めて
愛だとか夢に
縋り付いては惑う

自由に羽ばたいていた天(そら)の記憶
奪われた事ばかり嘆いていた
何かを憎まずにいられないほど
だけど

生れ落ちたその瞬間に
翼を奪われていたのは
羽がなくても飛び立てる
無限の可能性を僕らに
教えるためだと

淡い記憶の中僕らは
哀しいほどに幸福な
姿映す
まるで一枚の絵画

矛盾を幾つも抱えて
人はねぇ誰か傷つけ
甘すぎる噓に
列を成しては溺れてた

生きた証それは時を戻せはしない切なさ
空が青い事をただ喜ぶ強さ欲しい

自由に羽ばたいていた天(そら)の記憶
奪われたことさえも忘れたけど
何かに気付き始めたんだ僕たちは

生れ落ちたその瞬間に
何も持たずに啼いたのは
ささやかなこの身を満たせる
無数の巡り合いを僕らが
選んでいくためと

生れ落ちたその瞬間に
翼を奪われていたのは
羽がなくても飛び立てる
無限の可能性を信じて

遥かな空で独り誰かが

僕らを

無限を越えた無限へといつか導くためだと

作詞してます。
情景が浮かぶ事、分かりやすい事、絵コンテしやすい事等を気をつけています。
音楽素養が無いので作曲は脳内でしかできていません。
選考に漏れたり余っている歌詞に曲をつけてくれる方がいたら嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP