smiling

投稿日:2012/09/06 07:13:06 | 文字数:964文字 | 閲覧数:110 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://piapro.jp/t/nz0q


歌詞を応募させていただきました!



せつない感じの音が、綺麗で好きだなと思ったので、
そのように自分なりに歌詞を考えてみました。


どんなさみしい事があっても、好きな人の記憶に残る自分が
いつも笑顔であって、全てを笑って許せていられたらいいな! という思いと、
自分をとりまく環境が幸せでも、そうじゃないって思ってしまう事があったとしても…

それがぜんぶ、自分が喜んだり、悲しんだりして…だんだん自分を
豊かにしていくための、意味のある事だったんだ。
前向きにとらえようとしてみた歌詞です。


それから、自分が愚痴を言ったり傷つけるような、思いもしないような事を
言っちゃった時に、それを聞いてもずっと、それを受け入れて
そばにいてくれる人達への、心からの感謝を、太陽で表してみたつもりです。



これを読んで、誰かの心に少しでもやさしさと、ほっこり温かい気持ちを
届けられますように…(*^^*)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

もう誰も泣かないで 声にならなくて さみしく笑うの
精一杯の笑顔で あなたのとなりに 笑顔で咲きたい

あなたの好きな 向日葵の花
記憶のかたすみでほら

空の したで ふざけあった
肩を 並べ 夕暮れまで
あなたを見つめていた
lalala 笑う いつもそばで
嘘は ないと 信じながら
世界は綺麗だねと


ひとり夢に浮かべて あなたのほほ笑み ほほを伝ってく
消せないその光彩(ひかり)は 太陽みたいに 涙包みこむ

笑顔の花は あなたなしでは
だから強く咲きたくて

笑顔 なみだ 繰り返して
当たり 前に 笑っていた
なにを残せばいいの
言葉 もなく 時は過ぎた
今が せめて 色づくよに
笑顔自分のために


本当でもね 嘘でもいいよ
あなたがここにいるから

強く 強く もっと強く
光 あびて 雨にうたれ
世界は眩しいけど
出逢え た意味 探す旅さ
繋ぐ 手と手 離すまでは
腕いっぱいの愛を


澄んだ 瞳 目を細めた
嘘は ないと 信じながら
笑顔の花が咲いた



__




ひらがなバージョン



もうだれもなかないで こえにならなくて さみしくわらうの
せいいいっぱいのえがおで あなたのとなりに えがおでさきたい

あなたのすきな ひまわりのはな
きおくのかたすみでほら

そらの したで ふざけあった
かたを ならべ ゆうぐれまで
あなたをみつめていた
ららら わらう いつもそばで
うそは ないと しんじながら
せかいはきれいだねと


ひとりゆめにうかべて あなたのほほえみ ほほをつたってく
けせないそのひかりは たいようみたいに なみだつつみこむ

えがおのはなは あなたなしでは
だからつよくさきたくて

えがお なみだ くりかえいて
あたり まえに わらっていた
なにをのこせばいいの
ことば もなく ときはすぎた
いまが せめて いろづくよに
えがおじぶんのために


ほんとうでもね うそでもいいよ
あなたがここにいるから

つよく つよく もっとつよく
ひかり あびて あめにうたれ
せかいはまぶしいけど
であえ たいみ さがすたびさ
つなぐ てとて はなすまでは
うでいっぱいのあいを



すんだ ひとみ めをほそめた
うそは ないと しんじながら
えがおのはながさいた

曲を作って下さる方に、
恥ずかしい思いをさせない
そんな歌詞を心を込めて
作詞したいといつも思います*


まだまだ初心者ですが、
わたしの詩を、好きだなと
読んで思って下さった方達に
使っていただければ、それが
いちばん嬉しいです\(//∇//)\


マイペースにのんびり活動中…_φ( ̄ー ̄* )

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP