キルシュ。

投稿日:2008/02/29 22:53:35 | 文字数:463文字 | 閲覧数:318 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

これの歌詞です。
http://piapro.jp/a/content/?id=9av8ovb1z0ro6p56

歌モノのオリジナルが初めてなら、
替え歌以外の「作詞」なんていうのも、
もちろんのこと初めてでした。

ずらずらとまとめて書いてみると、
まるっきり「ポエム」ですね。
すごくハズい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

泣いたり笑ったりして
毎日 一日が過ぎていくよ

部活やダルいテストも
キミとならそれだけで楽しかった

でも ホントは気づいてる
"今"は永遠じゃないから…

桜の咲く頃に
もうキミと会えなくなるね
アタシのこともスグに忘れちゃうかナ?

少し気が早いけど
チェリー味のチョコレート
メッセージにして
「イママデアリガト。」



朝からみんなではしゃいで
毎日 クタクタになっちゃうけれど

寄り道をしてはいつも
淡い夢を夢中で語り合った

でも ホントは気づいてる
"そこ"にはキミがいない…

背伸びをして買った
キルシュの味はオトナすぎて
チョコレートに入れるのはヤメた

少し子供っぽいけれど
チェリーを入れたチョコレート
メッセージにして
「イママデアリガト。」



あれから何年経ったのかな?
二人に違う時間が過ぎて
今も色褪せず思い出す
甘いキルシュの香りと共に



桜の咲いた頃
不意に届いたキミの手紙
突然で少し泣いちゃったワ

今でも変わらない
キミの字が並んでる
便箋の隅に
ちいさなさくらんぼ

2009/5/16

恥ずかしながら帰ってまいりました。


またチョコチョコと投稿とかできれば、なんて考えています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP