キミ×ボク=∞

投稿日:2019/12/29 10:13:14 | 文字数:1,293文字 | 閲覧数:63 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

投稿者:hihiroさん
コラボ:【ボカロ使いの酒場◆絵◇動画担当重点募集◆~ツールを使いこなして創作に活かそう~】
への応募【落選】作品となります。


投稿ページ
https://piapro.jp/t/CVSV

楽曲ページ
https://piapro.jp/html5_player_popup/?id=xcs8ljvc6dvpsqve&cdate=20191228212322&p=0


これといった背景は無いのですが
なんとなくライブで歌われるの想像しながら作詞しました。
ペンライトやステージライトが舞い踊り、重圧に鳴り響く曲の中で要所要所で合いの手を入れたり飛び跳ねたりしてノリノリな感じのイメージです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

高く響いて鳴り出した音楽は キミという魔法をボクに掛けた
もぅ止まらない程の熱を咲かすから 
未来へと まだまだ先へと 走り出すでしょう


輝いたそれぞれのColor キミの心映して
届いてるボクの歌声 流れた 星さえ追える

胸が騒ぐこのリズム キスをしたように溶かしていくから
瞳交差した刹那に時が止まるから

高く響いて鳴り出した音楽は キミという魔法をボクに掛けた
もう止まらない程の熱を咲かすから 
未来へと まだまだ先へと これから明日へGo


流れてく宙を舞う音符 気づいて キミへのSign

Fantastic届けたら 恋をした夜思い出してるから
小指を結んだ約束永久に誓うから

高く響いて鳴り出した音楽は キミという魔法をボクに掛けた
もう止まらない程の熱を咲かすから 
未来へと まだまだ先へと これから明日へGo


高くStepこのリズム 道のり楽しく捧げていくから
Fantastic歌うから キミを慕う世に蕩けていくから
心に宿した旋律声に変えるから

高く響いて鳴り出した音楽は キミという魔法をボクに掛けた
もう止まらない程の熱を咲かすから 
未来へと まだまだ先へと これから明日へも

いつも響いてた君の言葉
Happy alive Thank you for life
笑顔に変える 魔法と
どこまでも生まれていく歌声は 
光へと まだまだNEXT ずっと未来へGo




ひらがなver

たかくひびいてなりだしたおんがくは きみというまほうをぼくにかけた
もとまらないほどのねつをさかすから
みらいへと まだまださきへと はしりだすでしょう


かがやいたそれぞれのからー きみのこころうつして
とどいてるぼくのうたごえ ながれた ほしさえおえる

むねがさわぐこのりずむ きすをしたようにとかしていくから
ひとみこうさしたせつなにときがとまるから

たかくひびいてなりだしたおんがくは きみというまほうをぼくにかけた
もとまらないほどのねつをさかすから
みらいへと まだまださきへと これからあすへごー


ながれてくちゅうをまうお(ん)ぷ きづいて きみへのさいん

ふぁんたすてぃっくとどけたら こいをしたよるおもいだしてるから
こゆびをむすんだやくそくとわにちかうから

たかくひびいてなりだしたおんがくは きみというまほうをぼくにかけた
もとまらないほどのねつをさかすから
みらいへと まだまださきへと これからあすへごー


たかくすてっぷこのりずむ みちのりたのしくささげていくから
ふぁんたすてぃっくうたうから きみをしたうよにとろけていくから
こころにやどしたせんりつこえにかえるから

たかくひびいてなりだしたおんがくは きみというまほうをぼくにかけた
もとまらないほどのねつをさかすから
みらいへと まだまださきへと これからあすへも

いつもひびいてたきみのことば
はっぴーあらい さんきゅーふぉらい
えがおにかえる まほうと
どこまでもうまれていくうたごえは
ひかりへと まだまだねくすと ずっとみらいへごー

頭の中に浮かんだ言葉をただ書いていこう。
応募はするけど、書いた段階で満足しているので結果はあまり気にしない。
自己満足的に活動してますが、
どうぞよろしくお願い致します。
2020年、piapro歴1歳になりました。
まだまだ分からずオギャってる状態です。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP