修正用

投稿日:2015/05/16 09:20:07 | 文字数:562文字 | 閲覧数:50 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夕映えに染まる景色
長く伸びてた
繋いだ手の影/越しに/
温もり滲みそうになる

弱さを見ない振りしていたいつもは
それこそが/弱さだと/気付いていたのに

特別な日ではないけれど
話をしようか今日は
僕らが生きてる今の
/忘れかけていた/ 大切な事

当たり前に続く日々の隣には
悲しみに時/終(お)えていく/
誰かが確かにいると
抱く命は途切れぬ笑顔の為
誰かが誰かを愛してること
忘れずにいて欲しい

月が綺麗と素直に
何時から/言えず/
照らされた頬をそっと
見つめるだけのもどかしさ

涙を見せずに/生きられたらいい/
それでも流れるなら誰かの為がいい
(音としては1番と同じで「それでもな がれるなら」でもいいでしょうか?)

特別にはなれ/ないだとか/
寂しく思わなくて/いい/
僕らが生きてこれたの
はそう支えられ 望まれたから

当たり前に続く日々のその先に
僕らも時の終り知る
その日が確かに来ると
抱く命はたとえ見えなくなっても
この世界に途切れずに在ること
忘れずにいて欲しい

月と星と太陽
僕らに語りかけるよ
弱さゆえに輝き
互いを思い遣れる

当たり前に続く日々の隣には
悲しみに時/終(お)えていく/
誰かが確かにいると
抱く命は途切れぬ笑顔の為
誰かが誰かを愛してること
忘れずにいて欲しい

作詞してます。
情景が浮かぶ事、分かりやすい事、絵コンテしやすい事等を気をつけています。
音楽素養が無いので作曲は脳内でしかできていません。
選考に漏れたり余っている歌詞に曲をつけてくれる方がいたら嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP