Sirius

投稿日:2018/11/07 22:29:24 | 文字数:655文字 | 閲覧数:44 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

 眠い時になんでか頭の中で歌詞が思い浮かんでメロディついてる感じのなんかテキトーなリズムでなんか歌ってて「あー、やっぱ作曲の勉強しなきゃなのか」と回らない頭でこれ打ってます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

眠れない夜 空を見上げた
くしゃみをして 寒いと思った
空にはオリオン座 シリウスが輝いてる
秋は終わりを告げて 冬が来たんだ

ゆらゆら上る息が 僕に別れを告げて
空へと飛んで行く 手を伸ばしたら
届きそうで届かない 風が連れて行った

一人ぼっちの夜 空を見上げた
眠い目を擦って 寒いと思った
空にはオリオン座 シリウスが沈みかけてる
秋は終わりを告げて 冬が来たんだ

ゆらゆら上る息が 僕に別れを告げて
空へと飛び立って 解けていくよ
手を伸ばしても届かない 風が笑った

次第に夜は明けて 世界はオレンジに
何故か涙あふれて 止まらなかった
涙のあとにふと 懐かしい手が触れた気がした

全文ひらがなver

ねむれないよる そらをみあげた
くしゃみをして さむいとおもった
そらにはおりおんざ しりうすがかがやいてる
あきはおわりをつげて ふゆがきたんだ

ゆらゆらのぼるいきが ぼくにわかれをつげて
そらへととんでゆく てをのばしたら
とどきそうでとどかない かぜがつれていった

ひとりぼっちのよる そらをみあげた
ねむいめをこすって さむいとおもった
そらにはおりおんざ しりうすがしずみかけてる
あきはおわりをつげて ふゆがきたんだ

ゆらゆらのぼるいきが ぼくにわかれをつげて
そらへとたびたって ほどけていくよ
てをのばしてもとどかない かぜがわらった

しだいによるはあけて せかいはおれんじに
なぜかなみだあふれて とまらなかった
なみだのあとにふと なつかしいてがふれたきがした

 言葉の楽園、なろう、ツクール、ハーメルン、pixiv、piaproに『Sillver』のハンドルで活動してます。アイコン設定出来る所はTwitterのヘッダー使ってる事多いです。
 おおよそ、言葉に関連する事は色々やってみたい人です。
 ただ、頑張って色々やってみたのですがどうにも作曲能力は無いようです。無念……。
連絡先 Twitter @844eb288e92145e

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP