地下の黄色い娘

投稿日:2020/03/25 19:32:20 | 文字数:239文字 | 閲覧数:95 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「地下の黄色い娘」

 古風な人が好きって、言ってくれたの。
 地下の図書館で。

 日が差し込まないけれど、
 日向のように、
 明るい髪を、
 撫でてくれた。

 
 自分の気持ちに、おいつけない。
 私の気持ち、
 ずっと下に伸びた階段。

 
 髪を伸ばすように、
 根を深くはわせて、

 一番下まで、おりたら、
 先端を、

 風船みたいに、手に持った。
 地下の黄色い娘。


 たんぽぽのスカート、
 いつか綿毛になって、
 消えるまで、

 私の想い、空の底。

 ガーリーで、キュートな作品を目指したいと思います。
よろしくお願いします。

 

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    6号車です。
    「地下の黄色い娘」出来ました。歌詞が置いてきぼりかも...。

    2020/04/06 00:19:56 From  6号車

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ありがとうございます。

    2020/04/06 16:27:35 pudding_

  • 地下の黄色い娘

    by 6号車さん

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP