約束【改稿版・応募用〆】

投稿日:2015/06/13 23:33:47 | 文字数:598文字 | 閲覧数:83 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

瀬良サマ原曲、歌詞募集企画に応募したものの改稿版です。
「アレもコレも書きたいのに、収まらないぃー!?」って言いながら、紅茶3杯飲みながら書きました。初版よりも語感や歌いやすさを重視しながら、世界観を広げてみたつもり…です。
初版、跡形もない感じですが…修行中の身には、推敲の難しさから学ぶことが多くありました。
素敵な原曲→http://piapro.jp/t/PCK0

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

桜の花弁が 舞う
睦月に僕は 想い出すのでしょうか
ただ触れるだけの
あの最後の温もりを

嗚呼 どうしようもなく
運命に絡め捕られ
貴女を呼ぶ この声も
今は 美空に響くだけ


「茜色 夕焼けが好き」
笑う鈴の音が 響く日暮小路
咲き初めの蕾 二人
見守っていた

嗚呼 分かり合えもせず
さよならの言葉無く
置いて行った 髪飾り
指切り憂う 紅い糸


今 貴女のことを
祈り 焦がれ 忘れ癒えぬけど
降り積もる想いさえ
満ち足りず 花は咲く


永久に 風に吹かれ
僕の この言の葉を
心一片 花弁よ
どうか貴女の許へ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


さくらのはなびらが まう
しがつにぼくは おもいだすのでしょうか
ただ ふれるだけの
あのさいごの ぬくもりを

ああ どうしようもなく
さだめにからめとられ
あなたをよぶ このこえも
いまはみそらに ひびくだけ

あかねいろゆうやけが すき
わらうすずのねが ひびくひぐれこみち
さきそめのつぼみ ふたり
みまもっていた

ああ わかりあえもせず
さよならのことばなく
おいていった かみかざり
ゆびきりうれう あかいいと

いま あなたのことを
いのり こがれ わすれいえぬけど
ふりつもるおもいさえ
みちたりず はなはさく

とわに かぜにふかれ
ぼくの このことのはを
こころひとひら はなびらよ
どうかあなたのもとへ

作詞、歌う人。
シリアス・能天気・ファンタジー・厨二バトル系が主。
歌詞依頼及びコンペ参加を、現在全面的におやすみしております。

ピアプロ関連活動まとめ↓
◇◆DISCOGRAPHY◆◇
http://piapro.jp/t/wVNl

歌活動等含む総合まとめ↓
◇◆BLOG◆◇
http://lyric-over-flow.blog.jp/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【VY2】桜の散るころに(仮)【DEMO】

    by 瀬良さん

▲TOP