ドミノ なんちゃってPV台本ゆいver,

投稿日:2014/03/08 23:18:49 | 文字数:1,117文字 | 閲覧数:150 | カテゴリ:その他 | 全5バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

2014/3/1 変更。
台詞等変更。

2014/3/8 タイトル名変更。

ゆいver.
再び台詞変更かなにかするんだろうか?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

[ ] = キャラの心情など ( ) = 心中
【 】= 台詞番号 / 【1- = 収録しない番号

 ― ある飲み屋街 ―

[ゆい、持っている写真を見比べ]

【2-01】ゆい:……見つけた…
    (あいつが……あたしの……?)

[人ごみから司を見つける]

【1-01】ゆい:あの……あんた、榊原さん?
【2-02】司:そうだが、きみは?

【2-03】ゆい:美良 ゆい。
        美良ららって知ってる?[♪楽曲?]

【1-02】ゆい:(彼は1拍おいて、目を見開いた)

【2-04】ゆい:あたし、あんたの子供なの。

【2-05】司:そんな…だって…あれで……まさか
      [物言いはブツブツ…背景で使用]

【2-06】ゆい:(母さんがあたしによく話していた、
      榊原 司という男。
       こいつがあたしの、
本当の父さん…なんだよね?)

 ー 場面転換1 -

【1-06】司:君は私のことを自分の子供だというが、
    その最たる証拠はあるというのか?

【2-07】ゆい:(あたしは、その言葉に衝撃を覚えた
        確かに、ある程度の覚悟をもって声を掛けたはずだ
けど、ずっと前からあたしが求めていた、
    想像してたものとは、何かが、違ってたから

【1-09】司:DNA鑑定してみないことには…

【1-10】ゆい:わかった。ところで、DNA鑑定で必要なものって

なんなの?[途中切ります]

【2-08】ゆい:(あたしはあのひとに信用してもらいたい
        それに自分も疑問に思ってたから、
      だから彼に従った)

【2-09】ゆい:(それがたいへんなことになるなんて
       これっぽっちも思わずに……)

 - 場面転換2 -

[恵司の靴音]

【2-10】恵司:こんなことになった原因はあいつだ
  あいつが……母さんを……っ許せない

- 場面転換3 -

【2-11】司:…もうこれ以上、私に付きまとわないでほしい
【2-12】ゆい:……わかった [戸惑いを隠せない]

- 場面転換3 -

【2-13】恵司:お前が俺たち家族をこんな風にしたんだ
【2-14】ゆい:……っ……あたしは、そんなっ……
【2-15】恵司:言い訳は聞きたくない!
       お前のせいで、お前のせいで
       俺の母さんは…っ…母さんは…

【1-26】司/ゆい/郁恵/恵司:ドミノ

ご訪問どうも!
曲は「切な系/おだやか」がメインです。

ただいま【 ドミノ 】制作中。
→ https://dmn-oio.wixsite.com/dmn-hbk-asot
小説にピアノ音楽がつきました。
いずれイラスト入れたり、音声つきCMアニメーション等を制作をしたいです。
ご訪問どうかよろしくお願いします!

アイコンは、777さん^^
ステキなイラストどうもです!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP