【KAITO】 夏帽子 【 Ballad_オリジナル】

投稿日:2017/07/19 23:05:37 | 文字数:296文字 | 閲覧数:210 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
逃げ水を追いかけだの坂道
その向こうにあの日の僕
翳した手から漏れる日差しに
目を細めて見上げた夏

B
踏み出した足元に
絡みつくようなくちなしの香り
S
通り雨が駆け抜けた後
夏が匂い立つアスファルト
僕の背を越した向日葵は
まだ上をむいたまま
僕の手に君の残した夏帽子


A2
朝顔の萎れた昼下がり
誰もいない駅にあの日の僕
君を乗せた列車が
揺れる陽炎を切り裂き
遠ざかって消えいく夏
B
目を逸らした僕の背に
絡みつくような君のさよなら
S
通り雨が駆け抜けた後
降り注ぐ様な蝉しぐれ
僕の背を越した向日葵は
まだ上をむいたまま
僕の手に君の残した夏帽子

ああ君と僕の夏帽子

曲が古臭い(笑)

ニコは、ひっそりと200曲超えましたw
※曲が増えすぎたんで、ジャンル分けしてみました。
JAZZ/BOSSA/BLUES系→ mylist/44829184 
ROCK系→ mylist/44829276 
フォーク/昭和臭w系→ mylist/44829274 
みんなのうたっぽい系→ mylist/44829273

目が不自由なため、メッセ等はほとんど定型コピペです(汗)


あんまり寝るのが得意ではない。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP