citron

投稿日:2019/10/20 18:14:40 | 文字数:1,302文字 | 閲覧数:353 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

雨と女の子。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

青色には ちょっとせつない
街はいつもよりずっと さりげなく
わたしの後 跳ねる水音が
今日はやけに 耳に届く気がする

予報では くもりだったはずで
メランコリーにも 慣れたつもり
あてのない休日の はじめての雨が

さよなら きみ思い出して
やりきれなくて どうしようもなく落ち込む 
だから きみをキライになって
これでよかったと言いたいのに
水たまりに さえぎられて
一歩よければ あれ、拙いバランス
つめたい柄を 両手に持って
握りなおしてる


透明には ちょっとくすんだ
傘じゃ ふたりにはきっとちいさくて
雨上がりを 話す未来から
いつのまにか はみ出してしまってた

失くして やっと気づくとか
バカみたいだと思ってた
ありふれた後悔と はじめてのキスと

さよなら また思い出して
滲むことばと苦い想い のみほす
だけど きみをスキだったこと
わたしなりに どうか昇華して
モノクロームに 止めた過去に
迷い込んでも 奇跡なんかおきない
わたしがいる 物語なら
ここにはじまるの


さよなら きみ思い出して
やりきれなくて どうしようもなく落ち込む 
だから きみをキライになって
これでよかったと言いたいのに
雨の匂い 紛れ込んだ
いつかとおなじ香りがふと 掠めた
まだいいかな もうちょっとだけ
雨を歩いてく


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


あおいろには ちょっとせつない
まちは いつも より(ずっ)と さりげなく
わたしのあと はねるみずおとが
きょうは やけに みみに とどくきがする

よ(ほう) では くもり(だっ) たはずで
メ(ラン) コ(リー) にも なれたつもり
あてのない きゅうじつの はじめての ごごは

さよ なら きみ おも いだ して
やりきれなくて (どう)し(よう)もなく おちこむ
だから きみを キライ になって
これで よかっ たとい いたいのに
みず たま りに さえ ぎら れて
いっぽよければ あれつたない バランス
つめた いえを りょうて にもって
にぎりなおしてる
 

とうめいには ちょっとくすんだ
かさじゃ ふたり には(きっ)と ちいさくて
あめあがりを はなすみらいから
いつの まにか はみだ してしまってた

なく して やっとき づくとか
ばか みた いだ とおもってた
ありふれた こうかいと はじめての キスと

さよ なら また おも いだ して
にじむことばと にがいおもい のみほす
だけど きみを すきだ ったこと
わたし なりに どうか しょうかして
モノ ク(ロー) ムに とめ たか こに
まよいこんでも きせきなんか おきない
わたし がいる ものが たりなら
ここにはじまるの


さよ なら きみ おも いだ して
やりきれなくて (どう)し(よう)もなく おちこむ
だから きみを キライ になって
これで よかっ たとい いたいのに
あめ のに おい まぎ れこ んだ
いつかとおなじ かおりがふと かすめた
まだい いかな もうちょ っとだけ
あめをあるいてく

歌詞書いてます。たぶん。

✢✢✢✢✢✢✢✢✢

ブログ http://otoirodori.mamagoto.com/
マイリスト https://www.nicovideo.jp/mylist/14255578
ツイッター https://twitter.com/itsuki_oto

お気軽にどうぞ⁎⁺˳༚♪


*不採用歌詞にも曲募集中タグをつけています。
*曲募集している歌詞の改変にも応じますのでお気軽にお問合せいただければと思います。


✢✢✢✢✢✢✢✢✢

アイコンはきざさんからお借りしております。
https://piapro.jp/kezlah

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP