月下の告白

投稿日:2011/04/15 00:48:10 | 文字数:428文字 | 閲覧数:101 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

月下の告白の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

優しい光浴びて そっと夜は動き出す
差し出したこの手は 届かないけれどそれでも

この身縛る茨(いばら) すべて溶かしてほしいよ
そうしたら夜空に 舞い上がっていけるのに

すべてを照らすのに 誰も照らしはしない
ただそこに在ることに 理由が無いというなら

私を見てよ ほらこんなにも
貴方を求め 彷徨(さまよ)っている
ねえ気づいてよ ほらこんなにも
貴方を呼んでいるのに

深淵(しんえん)を覗いた 黄金色(こがねいろ)の瞳には
綻(ほころ)んだ世界は どう映っているのだろう

互いに傷ついて 醜く傷つけて
そうして生きていくことに 疲れ切ったというなら

私がいるよ そうこんなにも
崩れ落ちそうな 脆(もろ)い身体で
ねえ気づいてよ ひとりじゃないよ
私が支えられるよ

雲に隠れてしまわないで
貴方の答えを 聞かせてほしい

霞(かすみ)がかった 朧(おぼろ)な月夜
ふわりと舞って 光を浴びて
私を照らし 貴方を照らす
愛しさあふれていくよ

ひっそりとVOCALOID曲を作っています。

私の曲にイラストをつけてくださる絵師様や動画師様を探して、PIAPROを徘徊していますので、
こちらからお声掛けさせていただくこともあると思います。とりあえず怪しい者ではありませんので…。

アイコンは役立たずさんに描いていただきました。感謝です!

あ、ブログやってますよー。
http://guliver-garden.seesaa.net/

あとこれが一応のマイリスです。
http://www.nicovideo.jp/mylist/24284432

ツイッターも始めてしまいました。
https://twitter.com/#!/Guliver32Little

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP