砂糖水の夢【曲募集】

投稿日:2018/11/17 22:22:22 | 文字数:512文字 | 閲覧数:36 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【Aメロ】
放たれた白い鳥のように
自由に飛んでいけたらと
重力に張りついてる僕は
また今日も夢見ているんだ

【Bメロ】
甘く垂れる砂糖水みたいに
腐った日々が滑り落ちて
何でもない真夜中に負けそうで
朽ちてく心 必死に抱いて

【サビ】
溢れ出しそうな悲しい声を
君はどうして叫ばないの?
ヒビの入ってる心の意味を
君はどうしてなぞらないの?

なんて言われても怖いからさ
ただ今は苦く甘い夢に浸りたい

【Aメロ2】
傷ついた風見鶏が回る
明日の方向はどっち
生ぬるさ しがみついた僕ら
また今日も抱き合いながら

【Bメロ2】
ベタベタした砂糖水みたいに
こびりついてく昏(くら)い悪夢
剥がれていく真夜中に震えて
白い朝靄(あさもや) ひたすら待って

【サビ2】
喚き散らしてる涙の数を
君はどうして隠してるの?
壊れかけている気持ちの熱を
君はどうして無視してるの?

なんて言われても解らないさ
もう今は麻痺している夢に溺れたい

【ラストサビ】
簡単なことさ いつでもきっと
僕は自由になりたいの
傷ついている全ての過去を
砂糖水で沈めたいの

なんて言ってても変わらないさ
だからもう生ぬるい夢に落ちたい

Baron(バロン)と申します。
日々の生活で感じた事、触れたことを
詞にするのが好きです。

ゆっくりのんびり活動していきますので、
作品を見て頂けたら嬉しいです。
感想・要望なども気軽にお寄せください。
よろしくお願いいたします♪

曲募集中の詞は作曲者様募集中です。
命を吹き込んでやってください(笑)

リアルの都合でしばらく低浮上になります。
DMの返事は遅くなるのでご了承ください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP