(non title)

投稿日:2010/10/10 19:08:50 | 文字数:1,010文字 | 閲覧数:21 | カテゴリ:その他

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

人の言葉づかいまで
まるでバケモノみたいに変わってった
刺々しいのが好きなら
オーディションでも受けてきな
僕はもう少し
泣いていたいのさ
疲れるのはもう
これくらいで終わりだ
ママが正しければ
そのはず

強がるのも甘えるのも
愛がある内だけさ
僕の倦怠期を引っ張りあげるのは
休みと静かな笑い声だけなんだ

見栄と綺麗事とバカみたいな歌詞に
救われた事もあるでしょう
認め合えた事を感じた時
うれしくて泣いた事もあるでしょう
凄い音楽の世界に触れた時
舞い上がった事もあるでしょう

言葉でしか通じない寂しい世の中にあるよ
この体や空っぽになりそうな心は
いつまでも野次馬の暇潰しには耐えられないし
殴りかかったところであの子は見ていてくれないんだ

でもさ
この体や空っぽになりそうな心は
誰かに踏みにじられて希望も失っちまった
紙とペン持って僕の前に跪きなよ
落書きくらい誰にでも書けるから

彼らを言い負かす為の
口実を教えてくれ
彼らを納得させる為の
辻褄を合わせてくれ

僕の体の全体重がベッドの上で
溶けるようにして眠りたいと言ってる
血統書つきの物知りな悲しいやつさ
好奇心はきっとそのまま

誰かに物を喋る時とか
使い回しがよくうまくなったね
俺だけに見せる顔っていうのは
どうしてそんなに強く暴力的で残忍なの
彼女に会わせろ
そこをどいてくれ
彼女に会わせろ
ふざけた理屈だぜ
あぁ

うちで休んで行きな
お腹すいたでしょう
夕日でも見ますか
俺はもう寝るよ

よりスタイリッシュな音を好む人間が右に整列し始める
よりシュールレアリズムな
アクセサリーで個性を身に付けようとする
目的地は小さな空き地の公園
恨み妬み嫉みしがらみで白けちゃった気持ち
愛の数を数えすぎたヒーローはまるで見世物みたい

サイケデリックな夢で泣き叫んだ僕は
何も危害を加えない子供さ
ヒステリックな呪文を聞いたら
すぐに逃げたいだけの臆病者だよ
君の知ってるように

保険会社のCMをテレビで見てたら
マイケルムーアのシッコを思い出したね
親父の仕事の関係で無料で見れるというから
家族で手を繋いで連れてってもらった

あれはいつだったっけなあ
海外旅行の話もしたよ
なんていっても僕のママは感受性も綺麗だとすれば
教養もあってお洒落で綺麗なんだ
なんと言っても俺の親父がしっかりと
ママの肩を支えてくれてるはずだからさ

作詞家
曲つけてくれる方、大歓迎ですよ。

投稿作品
パセリhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm8204711
歩道橋http://www.nicovideo.jp/watch/sm8905617
人間と雑草の香りhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm9207768

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP