メランコリーシティ 歌詞

投稿日:2019/04/13 20:55:18 | 文字数:838文字 | 閲覧数:27 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

たわいのないこの劣等感を 部屋の隅に 置いといた

私の体は メランコリーだ 行く当てもないから

味気のないこの劣等感も 行く当てのないまま

いつまで経っても真夜中 始まった ラリラリラー


今夜の仕掛けは豪勢だっだ 声を上げて見せよう

高ぶる私は蝶になって 君はまた笑うのさ

吐き出したいこの劣等感を 僕はまだ押さえて

狭くて小さな背景だった この町は さあ


私の体と五劫の擦り切れ 吐き出したいもの 吐いて吐いて 

貴方の時間の私の姿を 飾って見せたら マーニーマーニー

私の心と五劫の擦り切れ 詰め込みたいもの 掃いて掃いて

これから僕らは騙していくのさ 許されないかな ラリラリラー



たわいのないこの劣等感を 部屋の隅に 置いといた

私の影から蝶になって この部屋で飛ぶのさ

いけ好かないその534 嘘ならば教えて

いつまで経っても真夜中 始まったさ


酷く狭いこの13階に 行く当てもないまま

高ぶる私は蝶になった 君はまた笑うのか

忘れてたいからもう閉じた 無理やりでも開けて

錆びてる涙のとこから 拗れてる



私の体と五劫の擦り切れ 吐き出したいもの 吐いて吐いて 

貴方の時間で私の姿を 飾って見せたよ マーニーマーニー

私の心と五劫の擦り切れ 受け入れないもの 鳴いて鳴いて

今夜も僕らは騙していくのさ 許されなくても ラリラリラー



私の体と五劫の擦り切れ 吐き出したいもの 吐いて吐いて 

貴方の時間の私の姿を 飾って見せたら マーニーマーニー

私の心と五劫の擦り切れ 詰め込みたいもの 掃いて掃いて

今から僕らは騙していくのさ 許されることはないな



私の体と五劫の擦り切れ 泣き出す人なら 泣いて泣いて

十億の時間の私の姿を 飾って見せたら マーニー

私の心と五劫の擦り切れ いけ好かないから 鳴いて鳴いて
 
あなたの殴りもどろどろな愛も 許してないから ラリラリラー

そんな

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP