リンとレンが風呂でハチアワセ。

投稿日:2012/06/27 19:56:01 | 文字数:1,113文字 | 閲覧数:1,300 | カテゴリ:小説

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

むっくんさんの絵を見たらピコンと出てきた。
ありがとうございました。

なんか、レン君やばいですね。
リンレン最高っす。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

リンとレンが風呂でハチアワセ。


「リンー?」
「あ、メイ姉、どしたの?」
「風呂沸かしてきてくれないかしら?」

こにゃにゃちわ!鏡音リンちゃんです!
私は今メイ姉ことMEIKOにある頼みごとをされました。

私の大嫌いな風呂掃除。
濡れるのと腰が痛くなるのとあと掃除は全般的に嫌い。
それが全部重なり合って嫌なのだ。
しかしメイ姉の頼みごと。断るわけにもいかず…。

「はぁい」

私はしぶしぶと風呂場へ向かった。

「あ、リンちゃん」

ふと後ろから低い男の声がした。
男の人はこの家にはレンとカイ兄いない。
そしてこんなにも低い声はカイ兄しかいない。

「カイ兄!」
「レン君みなかった?」

カイ兄は私の兄なのになぜちゃん付けするのだろうか。
まあいいや。

「しらないよ?」
「風呂掃除頼んだんだけど…いなくて」
「あ、じゃあ私メイ姉に風呂掃除頼まれたから、ついでに探しておくよ」
「そう? ありがとうリンちゃん」


時は変わり、一分。
私は風呂場までやってきた。
風呂の中に入ると扉の向こうでザーザーと言うシャワー音が。
レンかな?
このままほったらかしてたらレンが全部洗ってくれるかな?

あーでもそのあと怒られるのは私。
だから私はレンをびっくりさすためドアを思いっきし開けた。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・え・・・?」

反応見てもうおわかりですよね?わかりますよねこの状況。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・」

そしてこの沈黙です。
まあそりゃそうですよね。
レンさん今入浴中でしたしね。
風呂洗うんじゃなかったのかい?

「・・・・・・・・・・あのさ、とりあえず早く閉めてくんない?」
「え?あ、ああああ!ごめんねレン!」



私はもう弟を見ることができなくなりそうです。




___________________
ぎゃあああああああああああああ
きゃあああああああああああああ
うおおおおおおおおおおおおおお
うほおおおおおおおおおおおおお
あにぇええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

もはや鼻血がでますね
リンちゃん、君はもっとレン君を意識しなさい。そしてくっつきなさい。
禁断の愛とか、そんなん大好きなんです。
姉弟愛だいすきですレンリンよりもリンレンが大好きですうほほ
この小説かいてて恥ずかしくなったわ。
まあいいか。
この絵から出てきた分です。
http://piapro.jp/t/pJVx
むっくんさんなんかすみません汗
そしてありがとうございました。

絵を描いてます。

男性をメインに1枚絵ばかり描いてます。

イラスト使用時には名前表記をお願いします。「落雷天嫁」と記入してください。

素材や絵の再配布、自作発言NG

イラストや素材の加工(合成、色変更、サイズの変更、一部切り取り)などは基本自由です。
他者様の作品と一緒に使っていただいて構いませんが、他者様の了承を確認してからお願いします。

報告は事後報告でも可。
強制ではありません。ですが、報告していただけると嬉しいです。

ピアプロへのIN率は高くないので、急ぎの用事がある方はついった(@rakurai284)までお願いします。

・pixiv・ニコ生での活動もしております。どちらもお手数ですが落雷天嫁で調べていただけると出てくると思われます。

イラストの直し等は極力受けますがデータが手元に無い場合がございますので時間がかかる&絵柄が違う場合がございますごめんなさい。

これからも落雷をよろしくおねがいします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • お風呂入ろうとしたら先にレンが入ってて「あっ!ごめっっ!!」的な

    by むっくんさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP