ディビジ・ディミニ_lyrics

投稿日:2022/03/12 20:29:48 | 文字数:443文字 | 閲覧数:47 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

過ぎ去るだけの日々に
終わらない音楽を描いて
止まり続けたい感傷に 身を委ねる
見て呉れだけの ディミニ
そこに意味などないと知って
言葉にならない掠れた声 耳を塞いで

ただ最善も同然に重なり合って
見えていないものは想像したがる
ただ当然に当然に薄らいでゆく
僕の存在も

遠くへ 消え入るように
人の気配のしない町で
呑まれることもできないままで
どこかで 誰かの声で
僕を呼んでいる気がしたが
それは気のせいだと思うから


映画の終わりのように
知られることのないプロローグ
少しだけ眩しい群青に
溶け出している鈍色の隙間
苦しみだけが ディビジ
まるで意味などないと 言って
導き 祈り 一筋の煌めく願い
耳を塞いで


遠くへ 消え入るように
逃れることもできないままで
どこかで 誰かの声で
僕を呼んでいる気がしたが

孤独で 居続けること
未だ見ぬ世界を目指して
ここから続く道を見つめて
遠くへ 歩き始めた
時間が過ぎ去った後には
全て気のせいだと思うから

遠くへ

曲置き場垢(仮)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ディビジ・ディミニ

    by a*kさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP