ノベルゲーム(ノーマルエンディング)

投稿者: usericonエリーさん

投稿日:2019/08/14 06:33:38 | 文字数:862文字 | 閲覧数:7 | カテゴリ:小説

ライセンス:

麻理恵と買い物

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

机で勉強していて英樹はシャープペンの芯が切れていることに気が付いた。
「はぁ・・・面倒だなぁ・・・」
(シャープペンの芯だけ買いに行くなんて・・・)
そう思いながらも椅子から降り、財布の中身を確認した。
買い物するには十分な金額が入っている。
「さて、行くか」
そう言った瞬間ひらりと白い羽が落ちてきた。
「何処へ行くの?」
マリエルだった。
「ああ、シャープペンの芯が無くなったから買いに行こうと思って」
するとマリエルが英樹の前に降りてきた。
「私も一緒に行くわ」
「え?」
「昨夜の事忘れたの!?またタナトスが来るかもしれないのよ!?」
「あ・・・」
マリエルは麻理恵の姿になり、英樹に言った。
「私は外で待っているから準備が出来たら一緒に行きましょう」
「わかりました」
「あ、それから敬語は禁止!」
「どうしてですか?」
麻理恵は言いづらそうに言った。
「一線引かれている気がするからよ」
「?」
麻理恵の言っていることが良く分からなかったが英樹は素直に頷いた。
英樹と麻理恵は外で待ち合わせ、商店街へ向かい歩き始めた。
2人の間には微妙な距離感があった。
離れすぎずくっつきすぎず。
(気まずい)
これが英樹の本音だった。
麻理恵と買い物に出られたのは嬉しい。
麻理恵はいつもどんなものを買っているのだろうか・・・。
「麻理恵は何か買うもの無いの?」
「私は欲しいもの無いから・・・」
そう言いながらも麻理恵は花を見ていた。

選択肢
1.花を買ってあげる
2.今度プレゼントすることにする
3.買わない

いきなり花なんて渡したら引かれるかもしれない・・・。
今度改めてプレゼントしよう
「行こう麻理恵」
「・・・ええ」
麻理恵は名残惜しそうに花屋を後にした。
当初の目的だった文具店へ行きシャープペンの芯を買い家路についた。
心配していたような事は何も起こらなかった。
だが、あのタナトスという奴を倒さねばずっと今の生活だ。
麻理恵にも負担と心配をかけてしまう。
だが、自分がどうにかできる相手ではなかった。

こんにちは。朔月という作詞が取り柄のもののやつです。今回は作詞したものを動画にしたいなと思って立ち上げました!



クオリティ?そんなものはいらぬ、私もクオリティなんぞ皆無じゃ。

の精神なのでどなたでも気軽に。私は打ち込みが出来ないので出来れば打ち込みまでやってくれるという方が居れば嬉しいな((


今やっている企画
・ココロの在り処 op
・白い姫
・ココロ 動画
・淡恋
・山神の住まう森
・君だけがいい

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP