リアライズ

投稿日:2011/12/17 17:08:58 | 文字数:462文字 | 閲覧数:38 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

忘れた居場所。
空虚に満たされていく僕ら。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『リアライズ』


【A】
つまみ上げた昨日を そっと
手の平に乗せて見る
幾重の朝も昼も 夜も
それに映って見えた

【B】
花びら ひらひら
舞う様に 薄れて
見つめた そこには
何があったのか忘れて

【サ】
惨めでも 惨めでも
足掻いた僕ら 忘れた僕ら
足止めて 振り返って
今朝は見えない 明日も見えない
何がある 何もない?
足跡だらけ 煤けた僕らが
思いついた そうそこには
僕はいるんだ 君もいるんだと


【A】
繰り返した昨日を ずっと
手の平で転がしてた
ほつれていた糸も 記憶も
そこで絡まって落ちた

問いただす「僕らは いつから
覚束ない足取りで歩き
もつれた感情にも気付かず
そこでもがいていたのか?」

【サ】
進めなくて 進めなくて
もがいた僕ら 忘れた僕ら
手を止めて 振り返って
今朝は見えない 明日も見えない
何がある 何もない?
空虚だらけの かすれた僕らが
気がついた もうそこには
僕はなかった 君もなかったと

sakyと申します。細々と作詞みたいなことしてました。
たまに絵も描いてました。

字数は考えていたり考えていなかったり。

「曲募集 タグ」がついていなくても、「歌詞 タグ」が「ついていない場合」に関しては、曲を募集しておりますので、気になったものがあれば一声かけてくださると嬉しいです。
歌詞改変は要相談。

基本的にTwitterにいます。
 http://twitter.com/saky114

ご入用の方はメッセージを飛ばすか、Twitterへ。

※使用してくださる方へ※
身勝手な要望ではありますが、もし可能でしたら、途中経過を報告してくださると助かります。また、断念する場合も報告してくださると助かります。
(使用していただくことに慣れていないため、気になってしかたないのです)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP