Guliver32さん作品一覧

ひっそりとVOCALOID曲を作っています。

私の曲にイラストをつけてくださる絵師様や動画師様を探して、PIAPROを徘徊していますので、
こちらからお声掛けさせていただくこともあると思います。とりあえず怪しい者ではありませんので…。

アイコンは役立たずさんに描いていただきました。感謝です!

あ、ブログやってますよー。
http://guliver-garden.seesaa.net/

あとこれが一応のマイリスです。
http://www.nicovideo.jp/mylist/24284432

ツイッターも始めてしまいました。
https://twitter.com/#!/Guliver32Little

もっと見る

    Guliver32さんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    あと少し もう少し そばにいたくて
    手を振った君をまた呼び止められず
    まだ寒い風が吹く駅のホームで
    過ぎていく時間にただ取り残されている

    意味もなく眺めてるニュースサイトに
    本当に知りたかったことは載っていなくて
    目を閉じてぼんやりと電車に揺られ
    震えない携帯を握りしめていた

    他の誰かになれるだろうか
    もっと「普通」の人に
    そのほうが君は楽しいだろうか
    答えは埋まらない

    気の利いた言葉の一つも言えずに
    おおげさに頷いてごまかしていた
    伝えたいことなら溢れてくるほどあるのにな……

    このままに 曖昧に 続けばいいなと
    逃げ腰の幻想を打ち砕くように
    終点を告げる声に背中を押された
    いつまでも今のままでいられはしないと

    傷つくことが怖いのだろうか
    抱えきれないほどに
    君が聞いたら笑うだろうか
    そうであればいい

    なにげない言葉の一つひとつが
    君と僕結ぶように橋を架けたら
    新しい景色が僕の目の前に見えるかな……

    このままに 曖昧に 続けばいいなと
    思うほど現実は遠ざかっていく
    誰よりも君のそばにいられることが
    何よりも僕にとって幸せなんだ

    あと少し もう少し 近づきたくて
    差し出した手のひらに感じた温もり
    まだ寒い風が吹く街の片隅
    やがて来る春を待つ蕾のようだね

    ライセンス:

    投稿日時:2018/03/07 22:21:44

    閲覧数:8

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう

          このページはセキュリティモード(SSL)で送信しています。[アクセス元 54.196.31.117 ]

          ▲TOP