玩具屋カイくんの販売日誌(150)  「つんでれ」で、はっちゅーねとの夜

投稿日:2012/04/22 22:13:22 | 文字数:1,147文字 | 閲覧数:58 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ひところアイボとかプリモプエルなんかがワッと出ましたね。いまはむしろDTMとか読み上げソフトとか、そういう分野の方に目が行きがちな感じがしています。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「ね、マスター。あそこにある人形、“はっちゅーね”でしょ」

りりィさんは、カクテルを飲みながら、話しかけた。

「そうですね」
グラスを拭きながら、吉さんはうなずいた。
「かわいいわねー」
ゆくりさんも、目を細めて人形を見る。

夜には、バーのスタイルになる、「カフェ・つんでれ」。
ゆくりさんとりりィさんは、ひさびさにくつろいだ時を過ごしている気がした。

カウンターの向こうの隅には、2人連れの男女がいる。
それは、ミクさんとカイくんの兄妹だ。

2人の前には、ちょこんと一つ、人形が置かれている。


●人の話に反応する…

「でもあの人形、ちょっと変わったところがある…ってウワサですね」
りりィさんは、話を続けた。

「ええ、いろいろね、ウワサがあるらしいですね」
と、マスター。
「そうなのよー!なんかねー、人のハナシに反応するんですって―?うわッ」
ゆくりさんが勢い込んで言い、飲んでいたコーヒーをカップからこぼしそうになった。


3人がしゃべっていると、その声に気づいてか、ミクさんがこちらを向いて、会釈している。
ゆくりさんとりりィさんは挨拶をした。
「どうも」「こんばんはー!」

ミクさんたちも、笑って挨拶をかわす。


●人の声に返事をする人形


「それ、“はっちゅーね”ですねー?」
「すてきな人形ですね」
「ええ、ありがとうございます」

ゆくりさんたちの言葉に、笑顔で答えるミクさん。

「それは、言葉を返す“答えるロボット”みたいな、ものですかー?」
「ええ、そうなんです」と、カイくん。

「えーとー」
ゆくりさんは、人形を見つめて、大きな声でゆっくりと話しかけてみた。
「こんにちはー!」

人形は、静かに首をこちらに向けると、幼い女の子の声で言う。
「コンニチワ ハジメマシテ」

「まあ、かわいい!」
2人は微笑んだ。


●ただ、しゃべるだけではなく...

「人と話ができる仕組みって、楽しいですね。コトバはいっぱい、しゃべるのかしら」
りりィさんが、人形を見つめて聞いた。

「はい、それがですね」
目を見ひらいて、カイくんが言う。
「フシギなんですけど、ただしゃべるだけでなく、どうやら、コレには“心”があるみたいで…」

「アニキ!」
何気なくしゃべろうとするカイくん。それを素早く制して、ミクさんは言った。
「いえいえ、普通のあいさつとか、日常会話くらいなんですよ」

「かわいらしいお人形ですね。こんど、ぜひ、ウチの店でも扱ってみたいわ」
りりィさんは笑って言った。


その時、話をしている4人には聞こえなかったようだが、
マスターの吉さんは、かすかに人形がしゃべったように思った。

「ゼヒ、アツカッテ、クダサイ」(^._.^)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP