ピンクの逆襲

投稿日:2017/05/10 02:02:40 | 文字数:226文字 | 閲覧数:47 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

引き寄せられた自販機
いつもは買わない
迷わずボタン押す

角砂糖何個分の糖分?
脳みそよ、動いてくれ

ピンクは高揚する
ほぼゼロの果汁
甘いだけの冷たいなにか
要するに、欲していた

吸い寄せられたジレンマ
ぼくは厭わない
迷わずボタン押す

角砂糖何個分の糖分?
血液よ、動いてくれ

ピンクは電気信号
ほぼゼロの果汁
甘いだけの冷たいなにか
要するに、託していた

ピンクは突破する
ほぼゼロの果汁
甘いだけの冷たい時間
要するに、欲していた。

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際はお手数ですが事前にお知らせください。
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP