夏花 (曲つけて頂きました)

投稿日:2014/09/09 21:58:45 | 文字数:941文字 | 閲覧数:284 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス:

森幻さんに曲つけて頂きました!(`・ω・´)
http://piapro.jp/t/d9AE

Moguwanさんの曲t/gvH3に応募→不採用

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

晒した肩に容赦なく 刺さる熱視線
耳を伝い 甘く響くリフレイン
夏色の空 手を伸ばし媚びる百日紅
広い背中 私はまだ戸惑う

歌いかけのラプソディ 蝉の脱け殻ほら避けて
風に押され二人 自転車とばす

君と私の境目なんて分からないままで
高鳴る胸の音だけ 今は聞かせて
通りすがりに笑う声も過ぎ去って行くの
今だけ 腕が痺れるくらい 君に掴まって


夕立の後 橙に透ける朧雲
髪に粘る夏の匂い 切なく

日に焼けたせいにして 紅く染まる肌焦らせば
もっと君の傍に居れるでしょうか
 
明るい夜に 今年最初の花火が弾けた
聞こえない振りなどできず 顔を上げた
いつもと違う君の眼には 鮮やかな光 映した
息ができないくらい口付けていて

君と私の境目なんて分からないままで
高鳴る胸の音だけ 今は聞かせて
永遠なんてない 分かっているから
君の熱い手を 握った
このまま夏の恋が終わらないように





-----かなver.-----




さらしたかたに ようしゃなく ささる ねっしせん
みみをつたい あまくひびく リフレイン
なついろのそら てをのばし こびる さるすべり
ひろいせなか わたしは まだ とまどう

うたいかけのラプソディ せみのぬけがら ほら よけて
かぜにおされ ふたり じてんしゃとばす

きみとわたしの さかいめなんて わからないままで
たかなる むねのおとだけ いまはきかせて
とおりすがりに わらうこえも すぎさってゆくの
まわした うでがしびれるくらい きみにつかまって


ゆうだちのあと だいだいに すける おぼろぐも
かみにねばる なつのにおい せつなく

ひにやけたせいにして あかくそまるはだじらせば
もっときみのそばに いれるでしょうか
 
あかるいよるに ことしさいしょの はなびがはじけた
きこえない ふりなどできず かおをあげた
いつもとちがう きみのめには あざやかなひかり
うつした いきができないくらい くちづけていて

きみとわたしの さかいめなんて わからないままで
たかなる むねのおとだけ いまはきかせて
えいえんなんてない わかってるから きみのあついてを
にぎった このままなつのこいが おわらないように

ちくわのあなにちくわ(´ω`)

しーでんでんマイリス
http://www.nicovideo.jp/mylist/57099955

関連曲マイリス
http://www.nicovideo.jp/mylist/44297797

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    お疲れ様です。
    初めまして、森幻と申すものです。

    この度、勝手ながらこちらの歌詞を使わせて頂き、拙いながら楽曲を作らさせて頂きました。

    http://piapro.jp/t/d9AE

    イメージ等の相違がございましたら申し訳ございません・・・

    2015/04/22 16:12:55 From  森幻

  • userIcon

    メッセージのお返し

    お疲れ様です!初めまして!!
    曲をつけていただいてありがとうございます(°∀°)♪
    ほんわかした爽やかな良い感じですね(*^o^)/?(^-^*)

    2015/04/23 22:36:17 あまつひつき

  • 夏花

    by 森幻さん

▲TOP