IOさん作品一覧

青い物が大好きなしがない詩書き。
まったり気まぐれに、ひねくれた文章を書いてます。基本的に冷めてる。でも時々ふっ切れる。
お気に召しましたら読んでくださいませ。

もっと見る

    IOさんをフォローして新作情報をいち早くGET!

    フォローする(登録無料)

    やがて 海へと至る道

    前のページへ
    1
    /1
    次のページへ
    TEXT
     

    暁が虹色に染まったら 裸足のままで降りてきてね
    照り始めたばかりの金色の線を辿って あの日の海へ還ってきてね

    巡り巡る夜と朝のように 生き死には満ち干を繰り返す
    刻々と変わりゆくその美しさに打たれ 少しだけ呼吸を止めてみる

    青く柔らかなゆりかごを離れて 歩く魚たちの足は傷だらけだ
    私達は何度も泣きながら いつかは生まれ来た場所へ還るのだろう
    やがて海へと至る道 忘却と許容の海へ至る道
    もしもそれが叶ったら その時は私に会いに来てね


    汐が真南へ向かったら 月の澪に船を浮かべてね
    思い出と少しの糧だけを積んで 地平線の果てを超えてきてね

    無限に寄せて返す青のリズム いつかはこの波も止まる刻が来る
    そんな日が来たら御伽話の姫のように 儚げな泡沫へと還ろう

    太古の長く遠い時超えて ゆりかごはなお子供らを呼んでいる
    歩く魚たちの流す涙は 寄せ集まってまた青い海になるのだろう
    やがて海へと至る道 記憶無き故郷へ帰る道
    いつか思い出したなら 迷わずにここへ戻ってきてね


    忘れないで 切なさに打たれそうなときも


    焼けつくような緋の砂漠を超えて 歩く魚たちはいつか辿り着く
    悲しみも孤独も洗われて 負った罪もいつか忘れる刻が来るわ
    やがて海へと至る道 無我と転生の海へ至る道
    もしもそれが叶ったら その時は私に会いに来てね


    待っている 何時(いつ)まででも

    タイトルだけぱっと思いついて情景を思い浮かべながら書いたのだが、途中から自分でも何がテーマだか分からなくなった詩。

    とりあえず一つの解釈としては死別の歌。海の向こうの帰る場所、ということでニライカナイを想像してました。もう一つは何と言うか、生き物の原罪と救済の歌でしょうか。
    この待っている「私」と「歩く魚」が何なのかによって変わってくる気がします。

    ライセンス:

    投稿日時:2015/04/09 23:03:32

    閲覧数:88

    カテゴリ:歌詞[編集]

    作品へのコメント0

    ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

    新規登録|ログイン
      ブクマ
      この作品を○○してみた動画を繋げてみましょう
        関連する作品をつなげよう
          ▲TOP