流れ星

投稿日:2019/09/14 20:34:31 | 文字数:412文字 | 閲覧数:(計測中) | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夏の終わりの水平線 震える二人を照らす夕影
悲しみさえも無常に帰す 愛の行く先は波の音

あなたには見えているんでしょう
究極的には人間は独りだと
あの日の荒れる波に向かって叫んだ
あなたより愛する人はいないと

ぼんやりと霞む水平線 憂える二人を包む夜空
悲しみさえも無常に帰す 愛の行く先は流れ星

あなたには見えているんでしょう
究極的には人間は独りだと
あの日の流れ星に願いをかけた
あなたより先に死にはしないと

嘘より先に本音を伝えて
夢より先に現実を見せて
借り物の言葉でしか話せないから
愛せるんだろう

あなたには見えているんでしょう
究極的には私は無力だと
それならどうしてあなたを愛せよう
それならどうして私は生きるの

あなたには見えているんでしょう
究極的には人間は殺し屋だと
感情を殺し 愛を殺し
でもそれは疾風怒濤を生きるために

人間は愛し合えなかっただけなのに
二人は殺し合うこともできずに

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 流れ星

    by 1002pさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP