【背徳の姫君】『五日と一夜物語』

投稿日:2014/12/11 00:15:06 | 文字数:160文字 | 閲覧数:37 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

劇っぽい自作アルバム用に作ったラストバトル曲。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【悪魔】
思うがままに生きることなど 所詮人には出来ぬ
心のままに愛することも 許されていないから
穢れを知らぬ魂が故 抱えた闇は深く
穢れを受けて俯く花の 手折れぬ芳しき魂
人の道こそ掟の神(ノモス)なら お前はこれより何になる?

【理】
光拒む仮面 閉ざされた目など要らない
向かう先に俺も行こう 煉獄でも地獄でも

本業趣味の小説の掘り下げで物語っぽい曲作り。

ボカロさんには演劇とかミュージカルのノリで歌って貰ってます。歌って踊れる演劇ロイドを目指して、たまに女装とか男装とかさせてます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【背徳の姫君】『五日と一夜物語』

    by 有月 仮字さん

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP