マスター僕だけ見て

投稿日:2010/05/21 22:34:49 | 文字数:750文字 | 閲覧数:221 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ヤンデレ☆
帯人好きだー!
カイトドンマイ(笑)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

※帯人です。ヤンデレ乙
それでもよければどうぞ。




マスター、マスター、貴方の笑顔を見ていると僕は落ち着く。だから僕はマスターに抱き着く。戸惑うマスターはとても可愛い。


けど


「マスター。今日は一緒に散歩行きましょ」
そう、カイトが邪魔だった。
「駄目だよ。まだ雨だし」
「えー雨でもマスターと散歩したい~!」
そう言ってマスターを困らせる。


マスターを困らせて良いのは僕だけ。



しかしマスターは笑っていた僕には見せない笑顔。


あー・・・・・・・僕はそんなマスターが嫌い。

マスターは僕だけのものなのに・・・・・・。





だから僕は



「大丈夫マスターは僕の物だから」



マスターに散歩の誘いを断れたカイトは途方にくれていた。

「カイト、話しがあるんだけど」
「あっ、別に良いけどー」



数分後



マスターはカイトが居ないことに気づいた。
カイトの部屋に行ってもいない
「帯人の部屋にいるかな?」




僕はアイスピックをカイトに突き立て何度も、何度も刺した。カイトから赤い血、そして荒い息

「カイト君がいると僕のマスターがどこかに行っちゃう。」
僕は笑った
カイトは怖がっている。

「バイバイ」

僕が降ろそうとした時。

「カイト・・・・・?!」
マスターが部屋に入って来た。驚いたマスターはその場に落ちた。

「た、帯人?何やってるの」

マスターは怯えている。
そこも可愛い。

「マスター、すいません今片付けますからね」
マスターに近づき頬に触れる。マスターにカイトの血がつく、あぁこれが僕の血だったらなぁー。


「マスター僕しか見えなくしてあげる」

僕はマスターの髪を撫でる。





あぁマスターは僕の物。






ボカロ好きです!
我が家にはレンリンがいます。
曲は全くの初心者です。絵も
こんな私ですが、よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP