紫苑 ‐sion‐

投稿日:2019/03/17 21:16:54 | 文字数:212文字 | 閲覧数:9 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

※途中まで

ふと見上げた空からは
濁り曇った蒼が
僕へ降り注ぐ
此処から去った君のその手を
繋ぎ留められなかった


君がそばにいた日々を
思い返してみても
何も満たせない
部屋に飾ったシオンの花は
今日も変わらずに揺れる

此処から逃げたいなんて
思いたくもないけど
耐えられないほどの痛みが
胸を締め付けるんだ

肌寒い風が頬を撫でる
もうすぐ君の好きな季節が来る
シオン
遠く離れている君を強く想っても
今は遠い記憶

音楽制作初めて間もない素人です

誰でも気軽に聴けて、
誰でも作れるような曲を目指しています。

アイディアが浮かんだら適当に作って、すぐ投稿するので、
出没する頻度は多いです。笑

【使用ソフト】
・studio one
・Music Maker
【メインに使っているボーカロイド】
・IA
・ONE
・GUMI
・紲星あかり

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP