ハート・クロック

投稿日:2012/10/04 22:22:48 | 文字数:338文字 | 閲覧数:15 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 




頭の中で動き続ける時計の針
規則正しくぼくの命を刻む

きっとこの音が止まる時に
ぼくは何かを失うんだろう

もしそれが一番大切なものだとしたら
それはきっと君なんだろう
だからぼくはこの秒針が止まらぬように
見守り続けるんだ
たとえそれが無意味なことだとしても


心の奥で回り続ける時計の針
錆び付いた音でぼくの命を刻む

きっともうすぐこの音は止まり
ぼくは何かを失うんだろう

もしそれが何よりも大切なものだとしたら
それはきっと君なんだろう
口に出しては言えないけど
それだけは確信を持って言えるんだ


いずれ止まる秒針が表すのは
ぼくの消滅と君の消失

だからそれが現実のものになってしまう前に
ぼくは君に思いを伝えるんだ
胸から聞こえる秒針に乗せて




色々終わってる中二病患者Aでございます。

曲が作れないくせに歌詞を書いています。←

取り敢えずジャンルは色々…

コラボして下さる方、是非お願いしますm(__)m

コメントを頂けると尻尾を振って飛び付きま((

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP