夏、巡れど - 歌詞

投稿日:2021/09/26 17:16:18 | 文字数:619文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

作詞・作曲:Muu
https://youtu.be/nhuwbpPFWdU
https://youtu.be/H27G1sUkprA

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夏、巡れど - 歌詞

今年も律儀にこの季節がきたな
春を攫い 鼓動高鳴る 青色の夢
夏草が生い茂った空き地へ行こうか
迫る太陽 滴る汗が 八月を示す

古びた校舎に通った
教科書には埃が被ってた
時間を潰したブランコ
青い春をいつまでも語り合った

昔はこの暑さが好きだったんだよな
抑えきれない 衝動に駆られるみたい
あの頃は何にでも手が届きそうだった
それもあの暑さが魅せた幻だったみたい
今の僕をこの世界を見りゃわかるだろう
輝いてたあの夏はもうこない

眩暈がする程灼きつける光だ
春が恋しく 秋を焦がれる 灰色の視界
夏草が生い茂ったあの空き地はもうない
迫る太陽 滴る汗が 寂寞を語る

いくつものビルを渡った
教科書に埃は被ったまま
時間は余っちゃいないさ
青い春はいつの間にか消えていった

昔はこの暑さが好きだったんだよな
長い道を駆け抜けた 迷いもせずに
あの頃は何にでも手が届きそうだった
それもあの暑さが魅せた幻だったみたい
今の僕を この世界を見りゃわかるだろう
輝いてたあの夏はもうこない

昔は好きだったんだ
今では思い出すだけ
あの頃に縋る季節に落ちぶれただけ

昔はこの暑さが好きだったんだよな
終わりがない 夏色に溶け込んでいた
あの頃は何にでも手が届きそうだった
それもあの暑さが魅せた幻だったみたい
今の僕をこの世界を見りゃわかるだろう
輝いてたあの夏はもうこないんだ
輝いてたあの夏はもうこない

趣味で音楽を作ってます / 作詞 / 作曲 / 映像

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP