piapro公式Twitterで紹介されました

[初音ミク] 洋菓子店ヘクセプファイフェの噂(完成版) [オリジナル]

投稿日:2017/10/30 00:15:19 | タイム/サイズ:03:57/(3,709KB) | 閲覧数:306 | カテゴリ:ボカロ楽曲

ライセンス:

森の奥深くハロウィンの夜にだけ現れる洋菓子店ヘクセプファイフェ
お店に並ぶお菓子はどれもこの世のものとは
思えないほどの美味と子どもたちの間で専らの噂
今宵はハロウィン。
軽快な笛の音に誘われた子どもたちは
家を飛び出し森を目指すのであった。


どうもTAZUです(・ω・)
毎年この時期になるとハロウィンの曲作ろうと思いつつ
気がついたら毎年ハロウィン過ぎてしまってる件について。
てなわけで久しぶりの完全新曲はこんな感じになってます(・ω・)
なんとかハロウィンに間に合った!というわけで
当日に動画を投稿する予定です。

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

「洋菓子店ヘクセプファイフェの噂」

森の奥深く現れたお店
1年に1度のフェスティバル
今宵は満月 灯りを灯して
お菓子を並べては客を待つ

また一人とまた一人と
笛の音に子どもたちは靴音を弾ませる

パパ ママ オトナには内緒だよ
お勧めは林檎と苺のタルト
甘い香りに誘われオバケもやって来る
隠し味は魔法のチョコレート

-----------------------------------------
「どうしたんだいお嬢ちゃん?浮かない顔をして」
「お財布…おうちに忘れてきちゃったの」
「お金なんてとりゃしないさ 今宵はハロウィン
 さぁ 好きなお菓子を持っておいき」
「わぁ ありがとうお姉ちゃん!」
-----------------------------------------

お菓子を抱えてはしゃぐ子どもたち
窓の外ざわめく午前2時

オカシハマボロシ!
オカシハマボロシ!
動物たちの警告は届かない

また一人とまた一人と
笛の音に子どもたちの瞳は色褪せていく

さぁさぁ皆で踊りましょう
手を繋いで歌えば夜明けは来ない
お菓子のお供に美味しい紅茶は如何かな
お楽しみは愉快な紙芝居

-----------------------------------------
昔々あるところに、美しい笛の音を奏でる少女がいました。

その音色に聞き惚れた村の男たちは挙って少女に求婚し、
嫉妬心に駆られた村の女たちは少女を「笛の魔女」と卑下しました。

「男ヲ誑カス魔女ヲ懲ラシメテヤロウ」

ハロウィン前夜、子どもたちに配るお菓子作りのためと
呼び出された少女は森の小屋に閉じ込められてしまいます。

「お願い!ここから出して!」

それは不慮の事故だったのか、或いは…
突如、小屋の裏手から上がった炎は瞬く間に小屋を覆い尽くし
全てを灰に変えてしまったのでした。

-----------------------------------------

不思議なお菓子屋ヘクセプファイフェ
収穫祭の夜更けを彩る呪い(きせき)
お店に並んだお菓子は全てが5つ星
口にすればとろける蜜の味

パパ ママ オトナには内緒だよ
お勧めは少女の呪いのキャンディー
お金じゃ買えないお菓子のお代は×××××

洋菓子店(ヘクセプファイフェ)の噂は止まらない×2

笛の魔女(ヘクセプファイフェ)の呪いは止められない

もっとみるLyrics by TAZUさん

社会人になってからなかなか新曲投稿できてないけどがんばる(・ω・)

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    ピアプロ運営です。ピアプロの公式Twitterアカウント
    https://twitter.com/piapro)でおすすめの作品として紹介させていただきました!

    2017/10/30 10:55:09 From  ピアプロ運営

  • 再演

    by ringoさん

  • 【GUMI・鏡音リン】ツバサ

    by いかさん

  • 【初音ミク】箒星の唄 / Kotori 【オリジナル】

    by Kotoriさん

  • オペレーション・シンコペーション

    by ねこぜなおとこさん

  • Run, Miku![詞:unuiさん]

    by tatmosさん

  • サキュバスの乙女

    by けしごむさん

  • Tender Snow

    by ぺぺるる(ぺ猫)さん

  • にらたの初音ミク - ミクはメガネがお気に入り

    by にらたさん

  • ∴HeartBreaker

    by カオルさん

  • 夏送り

    by SOMAさん

もっと見る

▲TOP