マワリタイラ『Tengu』歌詞

投稿日:2020/02/18 02:55:34 | 文字数:534文字 | 閲覧数:30 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「Tengu」
作詞作曲/マワリタイラ

大体はつまらぬ頓知 簡単にシラ切っちゃって
大概 今日もうつけ 素っ頓狂 生業
曖昧 蒲魚往来 剽軽で我儘 放題
散々 荒らしちゃって まさに災い

ひねくれた返事ただへそ曲がり
やり切れないよ仇討ち始めようか

冥々伸びた鼻はへし折れた
お待たせしました大逆転
明々空が晴れた夢を見る
暫しご覚悟あれ

毎回 曲者到来 猪口才な図法螺な応対
大概 今日も間抜け 頓珍漢 生業
限界 奇天烈状態 醜いな無様な醜態
散々 晒しちゃってまさに災い

やうやう白くなって春あけぼのだって
俳人 和歌詠んだって 皮肉って生業
嗚呼もう嫌になって 溌剌に振る舞えなくて
心身 憔悴 困憊まさに災い

ひねくれた返事ただへそ曲がり
やり切れないよ仇討ち始めようか

冥々伸びた鼻はへし折れた
お待たせしました大逆転
明々空が晴れた夢を見る
暫しご覚悟あれ

「大変ご愁傷様 お悔やみ申し上げたいです
どうかまたお元気で ご尽力なさいますように」

冥々伸びた鼻はへし折れた
お待たせしました大逆転
明々空が晴れた夢を見る
暫しご覚悟あれ

明朝空に浮かぶ朧月は
どこか満ち欠けているのでしょう
命名君はまさに天邪鬼
まるで写し鏡

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP