秘密結社・きのこ研究所 第1話「報告会だよ! きのこ研究所(前編)」の巻

投稿日:2008/12/19 19:17:13 | 文字数:1,901文字 | 閲覧数:673 | カテゴリ:小説

ライセンス:

オリジナル歌詞「輝け! 秘密結社・きのこ研究所! テーマ曲」の”会話”部分のネタを拡張した形で、ショートストーリーを作ってみました。歌詞やポエムではない、完全なお話なので、歌に合わせる事を想定して作っていません。

かなりのお笑いストーリーですが、楽しんでいただければ幸いです。ちゃんと第2話(後編)も製作中だったりします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

秘密結社・きのこ研究所
第1話「報告会だよ! きのこ研究所(前編)」の巻

(きのこ研究所 所長室内)
リン:は~~~ぁ(ふぅ)
ミク:どうしたんですか ミクミク
リン:え?、ああ、今日ね、本部への定例報告会なのよ・・・
レン:報告することなら ちゃんとあるんだよーん!
リン:WRYYYYN!!
ミク:所長、あっちの方になってますよ ミクミク
リン:WR・・・・・あ、ごめん。って!、こんな報告、できるわけないでしょ!
レン:でも、ケンキューならまじめにやったよーん
リン:・・・・ミクさん、これ読み上げてみて
ミク:ミクミク。実験名「毒キノコの安全な食用への転用」
レン:素晴らしい目的だよーん、お金の無駄遣いしているどっかも見習って欲しいんだよーん
ミク:続き読みます。サンプルとしてベニテングダケを使用。水酸化ナトリウム水溶液に溶解後、ベンゼンを加えて抽出。ベンゼン溶液に成分のみ移動させ、エヴァポレーターにかけてベンゼンを除去し、成分のみ分離。精製後、アルコール溶液中でグルコサミンと反応させ、分離成分のα位にアミノ基を付与し、低温で結晶化させ、濾過により分離。解毒及び食用化が期待される成分Xをベニテングダケに注射器で注入。色が虹色に変化。新種を作る事に成功。これを所内では”サイキョーベニテングダケ”と命名。
レン:なんかホントの実験みたいでかっこいいんだよーん! 立派な研究だよーん!
リン:・・・問題はその後よ
ミク:結果です。被験者として隊員数名に食して貰う。”旨い! イー!”と5回連呼していたが、突然顔が虹色に変化し、次にネオンサインのように色が変わっていき、1分後に全員倒れたので、医務室に運搬する。保健医”プリマ医師”の見解では、旨味は100倍に引き出されたが、元のベニテングダケの毒威力も100倍になったため、あと1分遅かったら・・・・・

リン:・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レン:・・・・・・にょれーん・・・・・・・

ミク:・・・・・続き・・・読みます?
リン:・・・もう、いいわ。こんなの報告できると思う?。あの隊員全員、本部の病院行きになったのよ・・・
レン:で、でも、その部分は黙っていればいいとおもうんだよーん いんぺいは どこでもやっているんだよーん
リン:残念ながら、プリマ医師から本部へ既に症状が報告済みなのよ、入院手続きで書類が必要だから。
ミク:でも、上層部には伝わっていないのでは ミクミク
リン:残念でした。最悪な事に、マフラー総帥・・・じゃなかったKAITO社長の耳にも既に入っちゃったのよ。なんか病院で行う隊員の改造手術・・・・じゃなかったオペにも立ち会ったとかって話・・・・
レン:でも あの、秘密結社・マシュルムン・・・・じゃなかった、きのこ研究所内最強の、あの方の耳には入っていないと思うんだよーん 誰も怖くて報告できないと思うんだよーん

リン:アルコル大帝・・・・・じゃなかった、MEIKO会長でしょ・・・・・あの方が”知らなかった”って事、これまでにあった?。噂だけになるけど、密偵のコードネーム「エッグ・プラント」ってのがいて、既にそこを通じて情報がリークされていたんだって。隠蔽防止対策とはいえ、会長ながら、恐ろしい方だわ・・・・・

(ガチャ)ドアが開く

がくぽチーフ:リン所長、お時間です。ロードローラーの方へ
リン:ありがとう、今日の報告会宜しくね!
がくぽチーフ:こちらこそ宜しくお願いします
リン:はぁ、じゃぁお二人、本部へ行って来るから。無事に帰れたら、みかんジュースで乾杯しましょうね
レン:ぼく バナナジュースがいいよーん
ミク:あたし、ネギジュース ミクミク
リン:あー、なんでもおごるわよ、じゃ。

リン、がくぽチーフと一緒に本部へ向かう

(所内廊下)
レン:・・・報告会とは名ばかりで、これじゃあ、「ダメ出し会」だと思うんだよーん
ミク:・・・レン君、リン所長いたら「無駄無駄無駄攻撃」喰らうわよ ミクミク・・・・・

(低いミクの声) リン所長の運命やいかに! 次回「報告会だよ! きのこ研究所(後編)」へ続く!!

***

CAST

リン所長:鏡音リン
レン副所長:鏡音レン
ミク副所長(兼ナレーター(低いミクの声)):初音ミク
がくぽチーフ(兼お付き):神威がくぽ
プリマ医師:PRIMA

社用車:ロードローラー

KAITO社長(マフラー総帥):KAITO
MEIKO会長(アルコル大帝):MEIKO

密偵・コードネーム「エッグ・プラント」:???
隊員:エキストラの皆さん

更新は相変わらずゆっくり目ですが、安定してきました。

基本、テキストでのボカロ小説で活動してます。今は、

『Dear My Friends! 2期』
(最近は"ディアフレ!"って略記することが多いです)

を連載投稿してます。

たまにイラストも投稿してます。

コンテンツの利用に関しましては、事前事後問わず、コメントにてお願いしますね。

投稿告知などは、twitterでやってます。

もっと見る

作品へのコメント6

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    nai☆様、こんにちは!。ええ、もう、思いっきり”ヒーロー物”or”ギャグヒーロー物”にしました。メインはほのぼのボケツッコミのギャグ小説ですが、アップした第2話後半を見ると、ちょっと違うテイストも入れました~

    秘密結社で悪のはずなのに、やばそうな研究はともかく、”世界征服目的”とか”悪の限りを尽くしている”わけではないのが、この”きのこ研究所”の核。ギャグだからそうなっちゃうのよね

    尚、研究の詳しい事は、私のリアル過去の経験から書いてます。理系出身で化学屋だったので・・・。あ、でもキノコは扱ったことないです~

    歌詞の方でも書いているのですが、”いつかは 大発見”なので、本当に彼らは”悪の”ではないのかも。では、何故に秘密結社???

    貴方の妄想、当方の脳内でイメージした結果、TV番組”ドリ○大爆笑の1コーナー「バカ兄弟」のネタにあった、木造建築の小さな建物で、看板に子供文字で「ひみつけんきゅうじょ」って書かれてあった事”でボケツッコミがあるお笑いネタになりました!。あれは楽しかったです。このきのこ研究所の建物イメージは、実はまだ考えてないのです。とりあえず、所長室と廊下と研究棟があるらしいです

    ご閲覧、コメント、有り難う御座います!

    2008/12/21 11:19:51 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    おおっ! ヒーロー物の匂いがする!!
    って、なんだかほのぼのとしたむ~どなんですけどwww・・・とか言いつつ読み進めてみたら、やっぱこいつら危険かも~www

    本人達に悪気は無くても、結果的にご近所様にご迷惑をお掛けしてしまう“きのこ研究所”。近隣住民の苦情の高まりに、“変身ヒーロー”が嫌々ながら仕方なく成敗に訪れる。戦闘シーンは「でこピン」のみ。ぺち☆ あいたた!!

    なんか緊張感の無い妄想をしてしまった。そういえばこの研究所、「悪の組織」とも「世界征服を企む」とも言ってなかった気が…。しかもこの研究が成就した暁には世界を救うことになったりして! そうすれば、数多の賞はGet確実。はっ、だから秘密なのか!?
    ちなみに俺が妄想により透視しましたところ、研究所の建物は木造の長屋で、入り口にデカデカと『ひみつけっしゃ・キノコけんきゅうじょ』と手書きの看板が掲げられておりました!

    2008/12/21 10:53:55 From  nai☆

  • userIcon

    ご意見・感想

    nonta様、こんにちは!。秘密結社と言ったら、某改造バイク乗りの組織だと思うので隊員=研究員が”イー!”とか言ったりしてます。戦隊ヒーロー物からは、あの副所長二人のキャラを使いました。濃いキャラ(笑)。リン所長の受難は続きます。

    ミクさんの”ミクミク”は、他の投稿作品でも意外に使われてます。が、レン君の”だよーん”はさすがに無かったと思います。レン君をだよーんおじさん化してしまったので、これからどうなるか・・・(ガクガクブルブル)

    次回予告は、もう、定番を使ってます。というか最近の特撮ではあんまり使ってないみたいですね。お洒落な感じになっていたはずです。こういう感じは私の子供の頃は当たり前だったんですけどね。

    ご閲覧、コメント、有り難う御座いました!

    2008/12/20 15:54:01 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    hata_hata様、こんにちは!、第2話をアップしてからレスを書こうと思いまして。

    はい。歌詞の形式では、語りや会話のネタを広げられなかったので、小説orSSの形を取らせていただきました。絵ほど魅力を引き出すのが難しいと思うのですが、硬い文章で無く会話形式だと、わかりやすいと思いました。ので、コレまでコメントに書いてきたSSと同じく、こんな感じで1000文字以上の物にしてみました。

    リン所長の中間管理職の悲哀ですが、まぁ副所長二人がこんな感じで、上がってくる研究結果が、歌詞の時を含めて、こんなんでは、悩みも尽きませんね。ところでリンちゃんをヘッドに持ってきたのは、歌詞とこれとアップしている第2話まで頭にあり、ミクでは有能な管理職になってしまって、ギャグネタは使いづらい。レンだと女性二人の部下で、やはりギャグオチが当てはめづらいので、リンちゃんにしました

    ミクのアホの子とレンのだよーんおじさん設定ですが、これ、なんとなくこうなっちゃったんですよね(笑)。でもミクさんは、冷静に読み上げる力はあるので、アホ化したレン副所長よりはマシと思ってます。まぁ第2話を見ると、それすら消えてしまうのですが・・・・。レン君のだよーんは、あの3人の声でこれを聴いても違和感がないのがレンだけと思ったのでレンになっちゃいました。それにしてもレン君の扱いがひどすぐると、自分でも思ってます。

    マフラー総帥は、第2話で出てきます。貴方のこちらのコメネタを少し使わせていただきました。某戦艦の「○○○の諸君!」ってのを。有り難う御座います!

    アルコル大帝は、まだちょっと先ですが、話には言葉だけ出てきます。総帥とはちょっと違った感じのキャラです。尚、アルコル=アルコール(酒)から取りました。

    プリマ女医:めっちゃそそらrになられましたか!。なんかよさげのキャラになったので、今後も出てきますよ。なんか他のキャラを全部喰ってしまいかねない位のキャラとして!。私の頭にいるプリマ女医さんの絵は、ある方のプリマさんの絵に脳内で”白衣”を着せてます。う、私もかなりそそらr。

    第2話もこうご期待!

    ご閲覧、コメント有り難う御座います!

    2008/12/20 15:47:28 From  enarin

もっとみる(6)

もっと見る

▲TOP