おれんじ(歌詞)

投稿日:2012/12/02 18:26:46 | 文字数:383文字 | 閲覧数:35 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

みかんって美味しいよね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

私にはわからない。
君の気持ちが。

私にはわからない。
君のした行動の意味が。

まるで果物のオレンジみたいに、
君が皮で包まれているみたい。
私に気持ちがばれないように。

ねえ、こんな終わり方ってある?
まだ終わった実感が沸かない。

背を向けて歩き出す君を引き止められない私は、
オレンジみたいに泣けない。

帰り道、道に転がっていたオレンジ。
孤独なところが今の私と似ている。

でも、夕日に照らされて輝いているところが私とは違う。
私には今輝きというものが無い。

私は君といたときだけ輝いていたと思うから。

君とお揃いだったストラップ、近くの小川に投げ捨てた。
君との思い出を残しておくとつらいから。

私は、君の特別な存在になれたことを後悔していません。
だから、君も後悔しないでほしいな。

私の特別な存在だったこと。

だから、幸せになってね。

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP