photaenaさん作曲のオリジナルソング《歌詞当て》

投稿日:2018/08/10 01:52:18 | 文字数:1,259文字 | 閲覧数:32 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

photaenaさんの楽曲はこちらです

https://piapro.jp/t/JIuS


1人家で窓から曇り空を眺めながら机の上でうなだれている….そんな風景が頭の中にパッと思い浮かんだので、今回の自分の中でのテーマは『空虚/静寂』と言った感じになりました。そして、キーワード的なものとして“白紙”という言葉も多用しました。
うまく伝わるかわかりませんが、この歌詞は普遍的でかつ非日常的な“誰とも会わない日”に、そんな時にしか考えないような題材について主人公は思考し、ため息のように溜まった鬱憤を吐き出しているのだということを補足しておきます。なんか生意気な歌詞ですよね笑

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『白紙の私』
作詞:やっしぃ

【A】
いつからだろう私は
自然と笑うことが
苦手だと感じてた
今でもまだ
不気味な作り笑い
1人になるとゆっくり
溜息を吐く毎日
うなだれるわ

【B】
刺激もいらない 芝居もいらない
空虚な嘘よ
空白の時 ただ1人でに
寂しいと嘆いた

【A】
外は薄曇り空 今でもポツリ涙
溢れてきそうなガラス越しの私
家からも出たくない
誰にも気付かれずに
孤独を憐れみたい
弱い私

【B】
自分が大好き だとは思わない
だけど知ってる
私は私 逃れられない
主人公だとね


【A'】
何度も同じページ
小説を折り曲げた
ここから先の話
は好きじゃない
だけどどこかリアルで
ドキッとする
つまらないもううんざり

【C】
白紙の未来を
自由に書けたなら
もっと笑えるのに
残酷な
白紙の未来を
今より美しく
書き換えれるなら
良かったな

【B'】
シナリオ通りに
上手くはいかない
全てを白紙に
戻したくなるな
一人の生活
静寂を忌み嫌い
愛を知る

【A】
とりあえず明日には
誰かに優しくしよう
私が落ち込んでも
良いことない

【D】
心が変わりたいと
叫ぶかぎり
空白よりも愛に
埋もれてたい
白紙のままの私じゃいられない
白紙のままの私じゃいられない
白紙のままの私じゃいられない
白紙のままの私じゃいられない



ひらがな


【A】
いつからだろーわたしわ
しぜんとわらうことが
にがてだとかんじてた
いまでもまだ
ぶきみなつくりわらい
ひとりになるとゆっくり
ためいきをはくまいにち
うなだれるわ

【B】
しげきもいらない
しばいもいらない
くうきょなうそよ
くうはくのとき
ただひとりでに
さびしいとなげいた

【A】
そとはうすぐもりぞら
いまでもぽつりなみだ
あふれてきそうな
がらすごしのわたし
いえからもでたくない
だれにもきづかれずに
こどくをあわれみたい
よわいわたし

【B】
じぶんがだいすき
だとはおもわない
だけどしってる
わたしわわたし のがれられない
しゅじんこうだとね


【A'】
なんどもおなじぺーじ
しょうせつをおりまげた
ここからさきのはなし
わすきじゃない
だけどどこかりあるで
どきっとする
つまらないもううんざり

【C】
はくしのみらいを
じゆうにかけたなら
もっとわらえるのに
ざんこくな
はくしのみらいを
いまよりうつくしく
かきかえれるなら
よかったな

【B'】
しなりおどおりに
うまくわいかない
すべてをはくしに
もどしたくなるな
ひとりのせいかつ
せいじゃくをいみきらい
あいをしる

【A】
とりあえずあしたにわ
だれかにやさしくしよー
わたしがおちこんでも
いいことない

【D】
こころがかわりたいと
さけぶかぎり
くうはくよりもあいに
うもれてたい
はくしのままのわたしじゃいられない
はくしのままのわたしじゃいられない
はくしのままのわたしじゃいられない
はくしのままのわたしじゃいられない

作詞の依頼募集してます。素人です。普段は暗めで文章的な歌詞を書くことが多いですが、歌詞を書く際にイメージの共有をしたい方は連絡して貰えたら嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP