トリートメント(デス)ベアー

投稿日:2021/05/12 00:22:03 | 文字数:490文字 | 閲覧数:17 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

なんかそう言うノリだったので(?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

紙飛行機がさスペースシャトルをうらやむことはないわけで
きっと宇宙を知ることは無くても漂って少しして落ちる

原子核がボウリングの球になりたくなったりしないように
電子をピンにして倒そうと思ったりもしないように

大きな対象と目指す目標はイコールじゃ無いんじゃないの?
同じだけ熱を持っていたとしても炎の形はきっと違うさ


公園の砂山がエベレストもK2も悔しがること無いわけで
子どもたちに一瞬で登頂されたって割と嬉しいかもだし

クロワッサンが三日月をライバル視したりは無いわけで
オーブンの中で焼き目や香ばしさが誇らしいのかも

スケールを広げてもゴール地点にはならないんじゃない?
夕日と競争していたら大半の人は不戦勝だってさ


宇宙は大きいし原子は小さい山は高い
でもクロワッサンだって美味しい
そういうものをみんなみんな
同じ物差しで測れると思った?

初めての本の1ページ目も
大好きな本の1億回目も
どっちだってきっと「トクベツ」
例えば僕にとっての君とか

まぁ結局訳分かんないけど
つまり僕が言いたいのはさ
明日君の声が聞きたいから
今日も眠るって事おやすみ

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP