心臓の花

投稿日:2022/06/14 16:16:53 | 文字数:422文字 | 閲覧数:12 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あの日から世界は変わってしまった
人の胸に花が咲いて
命の大切さが消えてしまった
抜いてしまえば簡単に死んで
手折ってしまえば致命傷になる
自殺のニュースが絶え間なく流れるラジオを片手に胸を抑えてる

心臓の花を捕まえて
君の笑顔と涙 思い出して
何やってんだって白けて
また今日も生き長らえてる
命の価値が薄くなってゆく
そんな心に頭を抱える
ああ 僕は変わらない

君が笑うように言った
「楽に死にたいと」
痛みも感じない幸せな最後を
「水を与えず枯らせばいい」
僕には無理な話だけど
涙が零れるたびに花を濡らすんだ

君がそうやって笑う度に
この胸が締め付けられて
「なら僕の花を抜いてくれよ」
哭くように言った
「消えてしまわないで」

心臓の花を捕まえて
君の笑顔と涙 思い出して
何やってんだって笑えて
また明日に足を動かす
命の価値が薄くなってゆく
そんな世界で一人生きよう
僕は変わったんだ

君と居れたから

君がいたからだ…

音楽が好きです

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP