送り火

投稿日:2011/07/22 00:12:39 | 文字数:271文字 | 閲覧数:97 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

送り火の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夏の宵 鈴の音 戦ぐ風
澄んだ 水面に映る
せめて 流れていく灯火よ
いつまでも 消えないでいて

高き空に 果てが もしも あるのならば
誰しもまた やがて 辿り着くのだろう

喜びも 悲しみも すべて 此処に残して
川渡る 君のため 送る灯りは 一夜の夢よ

夏の宵 鈴の音 戦ぐ風
澄んだ 水面に映る
せめて 流れていく灯火よ
いつまでも 消えないでいて

草いきれ 蛍火 虫の声
星は 遥か遠く
一時の逢瀬を終えて今
彼方へと 歩みだす

川辺に膝折りて 捧げよう
風に 揺らぐ灯火
君を 導いて空を照らし
いつまでも 消えないでいて

ひっそりとVOCALOID曲を作っています。

私の曲にイラストをつけてくださる絵師様や動画師様を探して、PIAPROを徘徊していますので、
こちらからお声掛けさせていただくこともあると思います。とりあえず怪しい者ではありませんので…。

アイコンは役立たずさんに描いていただきました。感謝です!

あ、ブログやってますよー。
http://guliver-garden.seesaa.net/

あとこれが一応のマイリスです。
http://www.nicovideo.jp/mylist/24284432

ツイッターも始めてしまいました。
https://twitter.com/#!/Guliver32Little

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP