記憶

投稿日:2016/02/03 20:55:32 | 文字数:466文字 | 閲覧数:78 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

 yutarochan さんの『【初音ミク】切な系バラード【歌詞募集中】』(http://piapro.jp/t/3muy)の歌詞として書いたものです。
 「辛い事について、吹っ切る事が出来ないなら無理をしなくても、時間が解決してくれる(かもしれない)。無理をする方が良くない」という感じです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

街を歩けばあなたと 過ごした景色が
少しずつ別のものに 変わり出したのに
心は時計の様に 同じ所を
いつまでもいつまでも 回り続ける

思い出が奇麗すぎて 捨てられない
他に何も持てないまま ただ抱えたままで
思い出が優しすぎて 振り解けない
何も出来ないまま ここを動けないまま

明日を求めて伸ばした
腕に記憶が絡み付いてる
力を込めて切り捨てるなんて
出来ないよ
明日を求めて歩いた
足に記憶が絡み付いてる
邪魔だからって踏み付けるなんて
出来ないよ ずっと

家に戻れば私一人 変わらないまま
蘇る記憶が 心を占めるけど
あの頃のアルバムの中 写真に写る
あなたは見る度に 色褪せていく

思い出が愛しすぎて 手放せない
他に何も持てないまま ただ抱えたままで
思い出が楽しすぎて 抜け出せない
何も出来ないまま ここを動けないまま

明日を求めて伸ばした
腕に記憶が絡み付いてる
だけど枯れたら動けるようになる
もう少し
明日を求めて歩いた
足に記憶が絡み付くけど
いつかは朽ちて落ちていくその時に
立ち上がるから きっと

 一応Twitter始めました(https://twitter.com/kobayuta2)。どれだけ使うか分かりませんが。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP