詩曲

投稿日:2016/01/20 20:47:15 | 文字数:169文字 | 閲覧数:105 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「詩曲」

灰色の空に舞う雪
悲しくて夢をみる ねぇ・・・

恋人がいた
幸せでした

いつも待ち合わせた場所
いつも遅刻した

夢をみて 私のなかで
遠くなる想う心
粉雪のように

別れの日 痛む心が

微笑みながら「もういいから」と
差し出す手を握る君
そう囁いてた  

側にいたいと 二人で生きて
その尊さは消えゆく
粉雪のように

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP