歌う穹に負けぬよう

投稿日:2018/04/09 09:41:09 | 文字数:846文字 | 閲覧数:47 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

田んぼの稲が揺れ、輝くあぜ道に子供たちの笑い声がこだまする。夕陽が子供らを照らす。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1.
(♡)笑顔で歌う 帰り道
(♢)あの歌を歌う 帰り道
(♤)よく3人ではしゃいでたね
(♡♢♤)もう戻らない時だとしても
(♡♢)あの歌だけは歌い続けよう

(♡)夕陽に照らされた君の頬には
(♡)雫がホロホロと。 幼かった僕には
(♡)どうする事も出来なかった
(♡)後悔の念を押し殺し
(♡)歌う事を忘れない

(♢)嗚呼、君の笑顔が眩しくて
(♢)もう君の顔が思い出せないや……
(♢)君がくれたものは今でも
(♢)忘れはしないさ
(♢)証を此処に歌うよ

(♡♢)さぁ、唄よ 高らかに
(♡♢)響き渡れ 穹に風に虹に
(♡♢)悠久に友だといえる証を
(♡♢)歌うさ


2.
(♤)あの歌が響く 還り道
(♤)泣きながら歌う 還り道
(♤)そこに私はもう入れない
(♤)ごめんね、も言えないけど
(♤)あの歌を歌い続けよう

(♤)夕闇に消えた2人の頬には
(♤)大粒涙ボロボロと。止まらない
(♤)止めれない無力な私に
(♤)現実は無常だった。それでも
(♤)歌う事をやめない

(♤)嗚呼、2人の笑顔を見れないよ
(♤)もう私はそこに居ないから
(♤)2人の思い出に生きる屍
(♤)忘れはしないよ
(♤)永久を誓った歌を

(♤)さぁ、唄よ 高らかに
(♤)響き渡れ 穹に風に虹に
(♤)悠久に友だといえる証を
(♤)歌うよ


3.
(♡)あれから
(♢)どれだけ
(♤)経った?

(♤)逝く道は違えども
(♢)どんなに時が経っても
(♡)あの歌を歌い
(♡♢♤)あの日へ戻ろう

(♤)2人の仲はどうなったかはわからない
(♡)君の顔が思い出せなくても歌がある
(♢)嗚呼、泣いて上手く歌えない
(♡♤)それでも
(♢)歌うよ

(♡♢♤)さぁ、唄よ 高らかに
(♡♢♤)響き渡れ 穹に風に虹に
(♡♢♤)悠久ともいえる時を
(♡♢♤)歌うよ
(♡)ありがとう
(♢)さようなら
(♤)またいつか

自由気ままに作詞をしてます

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP