HMO誕生まで・・・

投稿日:2009/12/05 11:16:05 | 文字数:803文字 | 閲覧数:123 | カテゴリ:小説

ライセンス:

本当に実際のレコーディングにはYMOのメンバーは関っていません。
そこらへんは妄想でお願いしますねw

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ある日、いつもどおりのレコーディングルームに行った。
そこには、見たことのない人たちの顔があった。
「初音ミクちゃんだね、はじめまして。僕は坂本龍一。よろしく」

さかもと、りゅういち・・・?
えっと・・・
ああ。

・・・世界のサカモト!!
なんで!?
私いつのまにか世界の初音になってた!?

「あ、ああ、はじめまして・・・え、えと、どうして坂本さんがここに・・・?」
私はどぎまぎしながら聞くと、驚きのセリフをはく坂本さん。
「今回はね、ミクちゃんとYMOを合体させようと思うんだ。で、名付けて・・・」
私が「ええっ!」とか言う前に坂本さんは続けた。
「初音ミクオーケストラ、HMOだっっ!!!」

「ふもぉぉぉぉぉぉぉ~~~!!?」


私が驚いていると、坂本さんの後ろに、さらに二つの人影。
「やあ、どうも。はじめまして」
「初音ミクちゃん。よろしくね」
細野さんと高橋さん。
わぁ、目の前で見るとすごいなぁ・・・
しかし、珍しがってもいられない。
私は彼らに聞いてみた。
「で、なにをすればいいのでしょう、私は・・・」
あ、あれ。声が高くなってる。
自分の手を見てみた。
・・・・・・なんで・・・?
自分の体が小学生のようになっている。
8歳ぐらい?
混乱が深まる私に、坂本さんは言った。
「えっとね、今回の収録曲はこうだね。プロパガンダ、東風、ビハインド・ザ・マスク、以心電信、中国女、音楽、希望の河、Cue、手掛かり、過激な淑女、ロータスラブ、君に、胸キュン。、Nice age、開け心、Rydeen、そして君のボイス!!」
うへぇ、すごいねぇ。

っていうか、YMOなら他のも歌いたいかも。
と、言うわけでがんばってみました。
私が「Nani ittenno?」って歌うよ!
聴いてね~♪



続きは実際のHMOで。
それと、これのレコーディングには坂本龍一らは参加していません。はい。

ヌライムだからいいんだもん!パクってないお!??

受験もそろそろラストスパート!
模試でもいい感じの成績でてるし、なんとかやってけるかなぁ。
あとあと、このまえ出ていた「悪ノ娘」、おもしろかったですよ!
ちょっと出費が痛かったけど><;

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP