向日葵の園で待ってる

投稿日:2015/03/26 21:24:08 | 文字数:815文字 | 閲覧数:443 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス:

■15/03/26 歌詞修正

■14/09/26 歌詞修正
 ※メロディーパターンが一番に5種類も詰められている鬼畜な構成となっています。
  たぶんこのまま使おうとすると、ハイテンポにしないとものすごく長い曲となる予感です。
  なので、通常は「A1→A2→B1→B2→S→→→A1→A2→B1→B2→S→→→C→S→B2」ですが、
  歌詞的には「A1→B2→S→→→A1→B2→S→→→C→S→B2」でも繋がるようになっています。

ありきたりな文章ですが、使ってくださると嬉しいです。
ミクと指定してありますが誰でも構いません。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1)5+4+5+3+6
照りつける日差しの眩しさが酷く苦痛だった
アスファルト 漂う揺らめきに ふらり 吸い寄せられ
思い出のあの子は今何処で夏を感じてるの

A2)3+4+5+4+5,2+5+3+6
あの日歩いた田舎町 小さな港にて
僕ら二人は運命の出会いを果たしたの
今あの時の僕が羨ましい
もう戻れない日々を夢に見てる

B1)4+5+3+4+5
小さな少年の声が耳元なぞってく
この目を開いてもそれは見知らぬ人影で

B2)6+6+6
追いかけても追いかけても追いつけない
君に届け この願いよ “また会いたい”

S)4+5+3+4+4+3,3+3+5+8
世界でただ一人 夏の日差しに負けない光
向日葵咲き誇るそこで あの日を探して歩く
きっとすべて 太陽に見守られていた


A1)
降りやまぬ大雨 煩くて酷く苦痛だった
あの空はどうしてこんなにも涙零している
思い出のあの子は今 何処で夏を感じてるの

A2)
あの日歌った童歌(わらべうた) 記憶は遠いけど
とても優しくこの街を包んだ気がするよ
今淋しさに声を嗄らしている
もうわからない歌を懐かしんだ

B1)
幼い少年の影が脳内占めている
何故だかはっきりと姿浮かべること出来ず

B2)
追いかけても追いかけても追いつけない
君に捧ぐこの想いよ “またどこかで”

S)
朝顔萎んでる木陰 娘が暑さに揺らぐ
思い出残された町で あの日を探して歩く
きっとすべて太陽に見守られていた


C)3+3+5+8
きっとすべて太陽に見守られていた
僕も 君も あの夏の二人の出会いも
声も 夢も 約束も 向日葵の色も
君に捧ぐ想いすら 何もかもすべて

S)
世界でただ一人 夏の日差しに負けない光
向日葵咲き誇るそこで あの日を探して歩く
きっとすべて太陽に見守られていた

B2)
追いかけても追いかけても追いつけない
君に捧ぐ この想いよ “また会いたい”

現在このアカウントは自音源の画像素材の外部倉庫としてしか使っていません。
メッセージの返信は行っていないので、何かあったらTwitterに連絡してください。
投稿物の使用はご自由にどうぞ。
古いものなのでおかしいところは改変してくださっても結構です。

もっと見る

作品へのコメント3

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    ミクバージョン(↓のメッセージ)に続きルカバージョンも作りました。聴いて下さい。
    http://piapro.jp/t/PPq3

    2015/04/03 23:33:29 From  かじき色

  • userIcon

    使わせてもらいました

    曲が途中まで出来たのでデモ版をUPしました、聴いて下さい。曲の雰囲気を感じて貰えればと思います。
    http://piapro.jp/t/Ha0v

    2015/03/30 21:33:39 From  かじき色

  • userIcon

    ご意見・感想

    こんにちは、この歌詞も曲を付けさせて頂きます。
    (永遠の四季シリーズ5曲目です、コンプリート目指して楽しんでいます)

    2015/03/26 18:15:34 From  かじき色

  • 【巡音ルカV4X】向日葵の園で待ってる【オリジナル曲】

    by かじき色さん

  • 【初音ミクV4X】向日葵の園で待ってる【オリジナル曲】

    by かじき色さん

もっと見る

▲TOP