赤い風船

投稿日:2017/08/25 15:31:59 | 文字数:240文字 | 閲覧数:276 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

国道ぬけ出して走る
電灯がちらちら
秘密基地みたいねって
目配せして笑った

ブラウスの匂い
はなれないように
可愛いたくらみに
膝をついて祈って

ゆっくり膨らむのは
息があたたかいから
ああ 時間なんてすぐだ
誰かと眠ればすぐだ


天井 その首のせいで
かげろうはユラユラ
うす明かりのなか蹴って
目配せして笑った

儚い未練が
熟さないように
やさしい復讐に
すがりついて誓って

だんだん消えてく ほら
するり 腕のなかから
ああ 写真撮ってかえろ
ライター盗んでかえろ

作詞をしています。

[Twitter] http://twitter.com/pierce1228/
よかったら気軽にフォローお願いします。

作詞依頼はいつでも受け付けているので気軽にお声かけください。作品を使用する際には、作品の説明文orタグに「曲募集」とあるかどうか確認お願いします。

現在アイコン⇒自作
他素敵アイコン⇒ざわし様/はさみ様/souonn様/たまごぱん様

もっと見る

もっと見る

▲TOP