【小説】サーチライト 終

投稿日:2010/01/19 13:43:47 | 文字数:1,799文字 | 閲覧数:153 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

お付き合いありがとうございました。後書きは「前のバージョン」へ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「ねぇカイト、姫様知らない?」

 二日酔いを理由に朝っぱらからまた飲んでいたはずのメイコが、ふらりとカイトの元に顔を出す。

「は? 何言ってるんだよ、ミクなら……」

 カイトは首を傾げ、街の中央にそびえたつ塔を見上げる。その一番上から、夜の闇を切り裂くように放たれる二つの光。
 今はもうきこえない歌声。

 歌声が世界中の人間たちを支配したあの日、「魔族」は人間と調停を結んだ。
 心すら歌声に支配され、戦力も戦意もあらゆる意味で失った人間たちと、希望を見出した「魔族」たち。
 「魔族」は集落でなくこの街に住み、新たに生まれた「魔族」も全員この街へ送られてくることが決まった。
 人間と「魔族」の間に交流が生まれたわけではなく、虐殺が終わる代わりに閉じ込められることになっただけ。それでもかなりの進歩と言えるだろう。

『本当に「魔族」が全員ここへ送られれば、私よりもずっと力のある世代が育つわ。そのとき、人間と「魔族」が滅ぼしあうのか、共存へ足を踏み出せるのか……』

 「奇跡の歌姫」は、そう微笑んだ。

『それを決めるのは私たちではないけれど、良い方向へいくと信じてる』

 信じることが一番の力だから。彼女の笑顔に、「魔族」たちは皆、本当に信じられるような気がした。
 しかしそれはもう、何カ月も前のこと。

 ミクは力を使い果たして倒れた。リンと共に、今はあの塔で死んだように眠り続けている。絶望に包まれた「魔族」の街で輝くのは、もうあの二人の放つ光だけになってしまった。

「うん、まぁ、ミクもそうだけど、リン……さんだっけ? あっち」

 カイトはますますわけが分からなくなる。リンがいつから姫様になったのか。

「二人に会いたいって言ってる人がいるの。街の外で待たせてるって、ルカから連絡があってね」

「街の外……?」

 外から会いにきた。つまり、人間。それが、ミクとリンを指名して。

「会わせていいような相手なのか?」

 カイトは訝しむ。
 二人は「魔族」の核だ。会わせるのは危険すぎる。
 それでなくとも、二人が目覚めないことは、人間には秘密のはず。それが知られてしまえば、「魔族」はまた人間たちになめられて、滅ぼされてしまうだろう。たとえ今すぐ攻められなくても、「魔族」をこの街へ送るという約束は間違いなく反故にされる。

「っていうか、逆らうとまずいかも……」

 酔っているのか、ふらふらと、しかし思考ははっきりしている様子のメイコ。カイトは首を傾げ、相手の名を訊ねた。

 -----

「道理で生き残ってるわけだ」

 客が帰った後、リンの髪を撫でながら、ルカは溜息をつく。

「当時の王様の長子、ねぇ……」

 先ほど会いに来たのは、彼女の異母妹だという老婆だった。現在の王の叔母だ。

 彼女の話では、当時の国王はリンのことを溺愛していたらしい。あまりにも遅い成長に「魔族」だと気付いたが、結局彼女を殺すことは出来なかった。
 「魔族」の中でも異常なほどの魔力を恐れて捨てたものの、彼女が集落に拾われた後は色々と手を回して逃がし続けていたらしい。

 とはいえ、彼女がそれで楽をしたわけでもなんでもない。
 自分だけが生き残る現実に絶望して、記憶も意識も手放してしまったのではないかと、ルカは思う。

「リンは知ってるのかな?」

 メイコはリンの幸せそうな寝顔をのぞきこむ。

「さぁ……知ってるとしても、レンの方なんじゃない?」

 「魔族」にしては洗練されている。育ちが良さそうな、身分が高そうな。それは、ミクも口にしていたことだ。確か、リンの印象ではなく、レンの印象だった。

「調停結んでくれたのも、この子がいたからなのかな」
 結局、私たちの祈りって、どれだけの力があったんだろう。私たちは結局、足引っ張って無理させただけじゃないのかな。

 皆が思っていることを、メイコは口にした。ルカは黙り込む。

「それでも……」

 それでも祈ることしかできなかった。それが一番大切なことなのだと、言った人がいた。
 答えを出してくれるのは、次の世代なのだろうか。

 誰にも見えぬ未来を見つめる二人の姫君は、何も答えずに、互いの手をしっかりと握りしめていた。
 歌声が聞こえた気がして、ルカは顔をあげる。
 風が吹き抜け、太陽が顔を出した。

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP