魔法使い

投稿日:2017/03/05 01:56:29 | 文字数:746文字 | 閲覧数:44 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

ある、アプリの影響を受けて歌詞にしてみました。

なんだか切なくて、儚くて、悲しくなるような感じが伝わったらいいなぁと思います(._.)

間違えて消してしまったので、もう一度のせます!(´;ω;`)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ぼくはこの世界をしらない
(しることもできない)
記憶はあいまいで
(ぼく自身のことすらわからない)
覚えているのは
(この手のあたたかさだけだった)
それ以上何もない
(もっていなかった)

この世界はぼくをどうしたいのだろう
望みどおり動けばいいの
それじゃあ、ほくがぼくじゃなくてもいいじゃないか
ぼくじゃなくても…

なぜぼくはここにいるのだろう
なぜぼくは進むのだろう
なぜぼくは止まらないのだろう
なぜぼくは破壊するのだろう
望んでこの力を
持っていたわけではなくて
ぼくが意志を持っていたとして
ぼく自身でさえ制御ができない
ぼくは一体誰なの

最初からこうなることは
(わかっていた気がした)
これでよかったのだろう
(ぼくはそれさえわからない)
覚えていたあの
(手のあたたかさは冷たくなっていた)
もうぼくがぼくじゃ
(なくなっていくような感覚だ)

この世界をぼくはどうしたらいいの
祈ったら声は届くのかな
それじゃあ、ぼくがぼくじゃなきゃいけない理由を教えて
ぼくじゃなきゃ…

ぼくはもうこの景色をみれない
ぼくはもうこの風を感じない
ぼくはもうこの音を聞けない
ぼくはもうこの世界にいない
薄れていく意識のなかで
ぼくはなんのためにここにいるのか
この世界のことを
やっと思い出したんだ
ぼくは魔法使いだった

人間だったぼくを魔法使いにしてさ
世界を破壊させて
それでさ、誰もいなくなったこの世界にぼくはひとり
ひとりきり…

なぜぼくはここにいるのだろう
なぜぼくは進むのだろう
なぜぼくは止まらないのだろう
なぜぼくは破壊するのだろう
創られた存在のこのぼくを
誰が止める事ができるの
祈った声は届かなかった
魔法使いのぼくは
この世界の愛しかたさえしらない

初めまして✩°。 ⸜(* ॑ ॑* )⸝
シラユキと申します。

閲覧ありがとうございます!
作詞というか、うまく伝わるかわかりませんが、思った事をそのまま書いていけたらと思っています☪︎*。꙳

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP