灰色の怪獣【曲募集】

投稿日:2019/02/06 18:38:53 | 文字数:492文字 | 閲覧数:39 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【Aメロ】
雨が降る真夜中 埃っぽい喉
僕は独りで膝を抱えて泣いてた
丸い月のような瞳が欲しかった
君を吸い込んでしまうような瞳が

【Bメロ】
普通に愛されたいのに
愛されない醜い身体
化け物と呼ばれていても
心までは化けられなくて

【サビ】
街をさまよう灰色の怪獣
泪か雨か分からないものを流して
生まれ来たこと 恨んでみても
虚しいくらい何も変わらなくて
冷たい雨を浴びながら歩く

【Aメロ2】
街灯の点滅 濡れそぼった髪
僕は独りで天を仰いで叫んだ
日だまりのような素顔が欲しかった
君をあたためてあげられる素顔が

【Bメロ2】
鋭い爪さえ無ければ
君のことを抱きしめたくて
怪物と呼ばれていても
僕はちっとも怪しくなくて

【サビ2】
街を羨む灰色の怪獣
君への愛か分からないものを吠えて
無情な雨を 睨んでみても
悔しいくらい何も終わらなくて
冷たい雨を浴びながら歩く

【ラストサビ】
街をさまよう灰色の怪獣
泪か雨か分からないものを流して
生まれ来たこと 恨んでみても
虚しいくらい何も変わらなくて
冷たい雨を浴びながら歩く

冷たい雨を浴びながら歩く 僕は怪獣

Baron(バロン)と申します。
日々の生活で感じた事、触れたことを
詞にするのが好きです。

ゆっくりのんびり活動していきますので、
作品を見て頂けたら嬉しいです。
感想・要望なども気軽にお寄せください。
よろしくお願いいたします♪

曲募集中の詞は作曲者様募集中です。
命を吹き込んでやってください(笑)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP